福岡のニュース

アーカイブ : 柳川市 - 福岡のニュース

柳川藩主立花邸 御花が、国指定名勝 「松濤園」ライトアップのためクラウドファンディングを開始

柳川藩主立花邸 御花が、国指定名勝 「松濤園」ライトアップのためクラウドファンディングを開始

柳川藩主立花邸 御花(所在地:福岡県柳川市)は23日、クラウドファンディングサービス「READYFOR」にて、国指定名勝 立花氏庭園「松濤園」のライトアップのため、プロジェクト「藩主の末裔が営む御屋敷「御花」|文化財の未来を照らす挑戦を皆様と」を公開したと発表しました。 300万円を第一目標に、2024年4月23日(火)から6...

柳川藩主立花邸 御花 – 殿様屋敷で堪能する「大廣間 御前能」開催

柳川藩主立花邸 御花 – 殿様屋敷で堪能する「大廣間 御前能」開催

柳川藩主立花邸 御花(所在地:福岡県柳川市)は5日、武家文化としても発展した「能」を、文化財建築と名勝庭園が一体となった旧大名家の能舞台にて鑑賞できる食事付きプランを、2024年3月5日(火)より販売開始したと発表しました。 能公演の開催日は2024年6月13日(木)14日(金)の二夜連続開催となります。 企画背景 江戸時代に...

アウトドアグリルで作った熱々のピザを楽しみながら水の都 柳川を舟でゆったり、御花が「お舟でグランピング」開催

アウトドアグリルで作った熱々のピザを楽しみながら水の都 柳川を舟でゆったり、御花が「お舟でグランピング」開催

御花(本社:柳川市)は30日、アウトドアグリルで作った熱々のピザを楽しみながら柳川を舟でゆったりと楽しむ企画プラン「お舟でグランピング」を販売すると発表しました。 柳川は堀割という水路がまち全体に広がり、舟が行き交う水の都です。堀の長さはなんと全長930キロ。直線距離だとおおよそ横浜まで行ける距離に相当します。 それと同時に、...

伝統工芸×文化財、妖怪の描かれた提灯を展示するアートイベント「奇怪夜行」今年も開催決定

伝統工芸×文化財、妖怪の描かれた提灯を展示するアートイベント「奇怪夜行」今年も開催決定

柳川藩主立花邸 御花(所在地:福岡県柳川市)は13日、創業200年以上の八女市にある伊藤権次郎商店と協働し、妖怪の描かれた提灯の展示イベント「奇怪夜行」を、2023年8月4日から6日、11日から13日、18日から20日までの日程で開催すると発表しました。 今年は新たに江戸時代創業の歴史ある久留米絣の工房 森山絣工房も特別に協働...

「100年後に繋ぎたいもの」柳川藩主立花邸 御花の物語。公式オーディオガイドをリリース

「100年後に繋ぎたいもの」柳川藩主立花邸 御花の物語。公式オーディオガイドをリリース

柳川藩主立花邸 御花(所在地:福岡県柳川市)では、ON THE TRIP、および公益財団法人 立花財団と共同し、公式オーディオガイド「柳川藩主立花邸 御花の物語」をリリースしたと発表しました。 同ガイドでは、敷地内にある立花家史料館、松濤園、西洋館、大広間に関するガイドを収録。それぞれの場所に大きく関わりを持つ立花家5人のエピ...

柳川藩主立花邸 御花、殿様屋敷で堪能する「大廣間 御前能」を開催

柳川藩主立花邸 御花、殿様屋敷で堪能する「大廣間 御前能」を開催

柳川藩主立花邸 御花(所在地:福岡県柳川市)では、日本の伝統芸能である「能」を能舞台としても使われてきた大広間にて一夜限りの能を鑑賞できる食事付きプランを販売開始したと発表しました。能公演の開催日は2023年6月20日(火)となります。 企画背景 徳川幕府は、能を武家の式楽(公式の場での音楽)と定めたため、大名の屋敷には必ず能...

Return Top