福岡のニュース

今夏から次世代バイオディーゼル燃料「サステオ」を使用した西鉄バスの実証運行を期間限定で実施

今夏から次世代バイオディーゼル燃料「サステオ」を使用した西鉄バスの実証運行を期間限定で実施

スターフライヤー、西日本鉄道、ユーグレナの3社では、次世代バイオディーゼル燃料「サステオ」を使用した西鉄バスの実証運行を、2023年6月1日から11月30日までの期間、実施すると発表しました。

「サステオ」は、食料との競合、森林破壊といった問題を起こさない持続可能性に優れたバイオマス原料を使用した燃料であり、既存のディーゼルエンジンに加工処理などを行わずにそのまま使用できることが特徴です。

「サステオ」は、燃料を使用する際の燃焼段階では通常の軽油と同じようにCO2を排出しますが、原料である植物や藻類が成長過程で光合成する際にCO2を吸収するため、燃料を使用した際に発生するCO2の排出量が実質的にはプラスマイナスゼロとなるカーボンニュートラルの実現に貢献すると期待されています。

3社では、政府が掲げる2050年カーボンニュートラルの実現に向けた取り組みの一環として、西鉄が運行する路線バスの燃料にユーグレナ社の「サステオ」を試験的に導入し、スターフライヤーの就航する福岡空港へ乗り入れる路線において実証運行を開始。

今回の実証運行では「サステオ」使用による既存ディーゼルエンジンへの影響の有無や、燃料消費率およびCO2削減効果が検証されます。

運行路線は、西鉄竹下自動車営業所/ららぽーと福岡~福岡空港国際線・国内線(運行距離:約100km/日)。※竹下自動車営業所所属車両のうち1台を使用。

車両のラッピングイメージは、バイオをイメージしたシンプルなグリーンカラーを使用しつつ、3社のロゴやキャラクターデザインを施すことで、3社が協力して環境に配慮した取り組みを推進していくことを表現しています。

株式会社スターフライヤー
西日本鉄道株式会社
株式会社ユーグレナ

この記事の内容は、2023年5月23日(火)時点での情報です。

1915
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top