福岡のニュース

開業55年目の大変身!西鉄久留米駅ビル 大規模リニューアル

開業55年目の大変身!西鉄久留米駅ビル 大規模リニューアル

西鉄では現在、西鉄久留米駅・久留米バスセンター・商業施設(エマックス・クルメ等)が一体となった「西鉄久留米駅ビル」(1969年3月開業)の大規模リニューアルを進めています。

同リニューアルでは、駅立地という強みを活かし、交通と商業の連携によるシナジーの最大化を図り、街の活性化や地域の発展に寄与することを目的に、共用部分や飲食フロア、スーパーマーケットエリアを段階的に刷新。

1階「バスセンターエリア」では、バスセンター側店舗ファサードの仕様統一による駅ビルとしての統一感の構築や、東口広場側の店舗入口確保およびガラス化により、開放的で賑わいのある空間の創出を図ります。

2階フロアでは、北口改札そばに待合機能を有する「フードコート」を新設するほか、「駅改札周辺エリア」のリニューアルも実施。

「フードコート」は、西側壁面をガラス張りにし、開放感を演出するほか、ウッド調の内装により温かみのある空間を創出。また、待合スペースとしても活用できるよう、電車・バスの運行状況を表示するデジタルサイネージが設置されます。

フードコート内には、4つの飲食テナントが入居し、老舗の久留米ラーメン店「清陽軒」や人気の鉄板焼き「すたん堂」、長浜・博多に店舗を構え、揚げたてのアジフライが味わえる「三陽食堂」が先行オープンします。

「駅改札周辺エリア」では、西鉄久留米駅との結節点という立地を生かし、観光案内所や定期券販売所、ATM、コンビニなどのサービス機能を集約するほか、チャレンジショップ区画「ku.ru.to」の新設等により、駅利用者の利便性向上につなげます。

2024年3月には、にしてつストアをリニューアルし、新たに「レガネット久留米タミー」として生まれ変わるほか、2024年9月には、メインファサード側にレガネット久留米タミーと相性のよい食物販・飲食店が計17店舗新設される予定です。

55年間、地域に親しまれてきた「エマックス・クルメ」は、2024年9月のグランドオープンにあわせて「レイリア久留米」に生まれ変わります。

概要

リニューアル
バスセンターエリア(1階)
▼内容
バスセンター側店舗ファサードの仕様統一による駅ビルとしての統一感を演出。・東口広場側の店舗入口確保およびガラス化により、開放的で賑わいのある空間を創出。
▼出店店舗一覧

開業55年目の大変身!西鉄久留米駅ビル 大規模リニューアル

上記店舗に加え、2024年9月に3店舗の飲食店がオープン予定
▼イメージ
バスセンター側

開業55年目の大変身!西鉄久留米駅ビル 大規模リニューアル東口広場側

開業55年目の大変身!西鉄久留米駅ビル 大規模リニューアル

新設
フードコート(2階 北口改札前)
▼オープン日
2024年4月9日
2月28日より、待合機能供用開始
▼座席数
194席
▼フロア面積
611.5㎡
▼特徴
温かみがあり居心地の良いウッド調の内装、入口を全面ガラス張りにすることで高い視認性を確保。壁面を開口し、外光を取り入れることで心地よい空間を演出。電車・バスの運行状況を表示するデジタルサイネージの設置。
▼出店店舗一覧 計4店舗

開業55年目の大変身!西鉄久留米駅ビル 大規模リニューアル

ほか1店舗は決まり次第、エマックス・クルメホームページにて発表。
▼イメージ
フードコート入口

開業55年目の大変身!西鉄久留米駅ビル 大規模リニューアルフードコート内観

開業55年目の大変身!西鉄久留米駅ビル 大規模リニューアル

リニューアル
駅改札周辺エリア(2階)
▼内容
定期券販売所、観光案内所の移設、ATM、ピックアップロッカー等の設置によるサービス機能の充実化、これまで未活用だった部分の店舗化、チャレンジショップ区画「ku.ru.to(くると)」の新設。
▼出店店舗一覧

開業55年目の大変身!西鉄久留米駅ビル 大規模リニューアル

▼イメージ
西側通路付近

開業55年目の大変身!西鉄久留米駅ビル 大規模リニューアル

チャレンジショップ区画「ku.ru.to(くると)」について
冷蔵庫や調理テーブル等の設備面を西鉄で整備。初期投資の軽減により、店舗出店に意欲のある人がチャレンジしやすい環境を整えます。商品の製造のみで、販路を持っていないテナントなどのステップアップをサポート。

開業55年目の大変身!西鉄久留米駅ビル 大規模リニューアル▼申し込み・問い合わせ
エマックス・クルメ運営室
10時~18時
電話:0942-34-3741

リニューアル
にしてつストア区画(1階)
▼オープン時期
2024年3月22日
▼実施内容
「レガネット久留米タミー」としてリニューアルオープン、「久留米タミー」の伝統を受け継ぎ、食品中心のスーパーに生まれ変わります。
▼ポイント
地産地消(久留米近郊野菜、佐賀牛)の促進、対面販売による利用者とのコミュニケーションアップ、サンドウィッチ、サラダ、カットフルーツのコーナー化。
▼イメージ

開業55年目の大変身!西鉄久留米駅ビル 大規模リニューアル

新設
飲食・食物販エリア(1階)
▼オープン時期
2024年9月
▼場所
1階メインファサード側区画
▼実施内容
レガネット久留米タミー前に飲食・食物販エリア新設(17店舗予定)
▼ポイント
スーパーと相性の良い総菜・食物販テナントを配置。東側にはバスセンターからの動線を意識した飲食テナントを設置。
▼イメージ

開業55年目の大変身!西鉄久留米駅ビル 大規模リニューアル

同駅ビルのリニューアルと並行して、2022年9月より実施されてきた耐震補強工事については、2024年3月に完了予定です。

西鉄グループ ホームページ

この情報は2月21日(水)時点での内容です。また、記事の内容は予告なく変更される場合があります。

21918
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top