福岡のニュース

ヒルトン福岡シーホーク 人気のアフタヌーンティー風寿司ランチ「花蓮」九州の味覚を満喫できる新メニュー登場

ヒルトン福岡シーホーク 人気のアフタヌーンティー風寿司ランチ「花蓮」九州の味覚を満喫できる新メニュー登場

ヒルトン福岡シーホークは4日、同ホテル35階「寿司割烹 ともづな」にて、料理長こだわりの寿司とアフタヌーンティースイーツがセットになったランチ「花蓮(かれん)」の秋・冬メニューを、2023年10月10日(火)から12月31日(日)まで提供すると発表しました。

前菜2種、巻き寿司1貫、カクテル寿司、トロや鯛松皮、ゴマダレ漬け鯖などを含む寿司にぎり5貫、和菓子3種と バー&ダイニング CLOUDSの「天空のアフタヌーンティー」より、芸術性に富んだ季節のスイーツ(洋菓子)2種が、目の前に広がるオーシャンビューとともに楽しめます。

前菜2種と巻き寿司 イメージ
前菜2種と巻き寿司 イメージ

前菜2種は、蒸した薩摩芋を細い線状に絞った「薩摩芋モンブラン」と、旬の野菜を使用したお浸しに銀杏をあしらい、カボス釜の中に美しくよそった「カボス釜季節のお浸し」。

食べる直前にカボスのしぼり汁を香水の様に噴霧する事で、カボスの爽やかな香りを料理とご一緒に楽しめます。

サーモン、クリームチーズ、明太子を使用した巻き寿司は、上に芽キャベツをあしらい、遊び心のあるプレゼンテーションです。

カクテル寿司 イメージ
カクテル寿司 イメージ

カクテル寿司にはイクラと雲丹を贅沢に使用。寿司にぎりは、福岡の郷土料理ゴマ鯖をアレンジした「ゴマダレ漬け鯖」や、皮の旨みが味わい深い「鯛松皮」、十二単からインスパイアされ反物が重なる様子を表現した「十二単トロ」を含む5貫を用意。

松笠切りや三つ編みなどの技法を使用し、花蓮のコンセプトである和の美しさを寿司で表現しています。

寿司にぎり 変わり鉄火巻き・ゴマダレ漬け鯖・鯛松皮 イメージ
寿司にぎり 変わり鉄火巻き・ゴマダレ漬け鯖・鯛松皮 イメージ
寿司にぎり 十二単トロ・炙り烏賊松笠 イメージ
寿司にぎり 十二単トロ・炙り烏賊松笠 イメージ

食後のデザートには、和菓子3種と人気の天空のアフタヌーンティーから季節のスイーツ2種を用意。

おすすめは、寿司割烹ともづな料理長 萩原和隆氏の出身地、長崎県島原の伝統スイーツ「かんざらし」です。白玉団子に蜜をかけた、ツルンとした食感が特徴的な一品です。

かんざらし・栗羊羹・選べる和菓子1種 イメージ
かんざらし・栗羊羹・選べる和菓子1種 イメージ
天空のアフタヌーンティーより季節のスイーツ2種 イメージ
天空のアフタヌーンティーより季節のスイーツ2種 イメージ

お寿司もスイーツも充実したランチ花蓮は、友人や大切な人とのランチ、記念日や晴れの日を彩るお祝い膳に最適です。目にも美しいプレゼンテーシとともに九州の味覚を満喫できる新メニューを楽しんでみてはいかがでしょうか。

オーシャンビュー席 イメージ
オーシャンビュー席 イメージ

▼営業時間
12:00~14:30
ラストオーダー14:00
▼料金
通常席
一人 5,800円
オーシャンビュー席
一人 6,000円
▼予約
電話:092-844-8000
10:00~18:00
ウェブからの予約はこちら

金額は消費税・サービス料込み。写真はイメージです。メニュー内容、営業日時などは変更になる場合があります。

ヒルトン福岡シーホーク

この情報は2023年10月5日(木)時点のものです。

2474
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top