福岡のニュース

九州最高級ホテル・九州初のマリオットラグジュアリーブランド「ザ・リッツ・カールトン福岡」開業

九州最高級ホテル・九州初のマリオットラグジュアリーブランド「ザ・リッツ・カールトン福岡」開業

積水ハウスとマリオット・インターナショナルの2社は、九州初出店であり、日本で6番目の「ザ・リッツ・カールトン」として「ザ・リッツ・カールトン福岡」(所在地:福岡市中央区大名2-6-50 福岡大名ガーデンシティ)を、2023年6月21日(水)に開業しました。

本日、開業を記念したオープニングセレモニー、ならびに内覧会が実施されました。

インバウンドの本格受け入れ再開や、日本国内のコロナウイルス5類移行に伴い、国内全体で観光目的の訪日外国人客は急増しています。一方、東京・大阪以外の九州を含めた地方には、ラグジュアリーホテルが少なく、富裕層の外国人観光客の受け入れ先が無いことが課題として挙げられています。

今回、マリオットの最上位ブランドであり、九州最高級となるラグジュアリーホテル「ザ・リッツ・カールトン福岡」が開業することで、九州観光を待ち望む世界の富裕層観光客のニーズに対応。

さらに、世界の要人をもてなせるホスピタリティの提供により、現在、日本4番目のMICE開催数を誇る福岡へのさらなる招致も期待できます。

なお、マリオットは、九州の観光ポテンシャルと宿泊需要に注目し、2023年4月に九州初進出後、今年だけで6つのホテルを集中開業し、同ホテルはその中でも一番の目玉となります。

オープニングセレモニーでは、積水ハウスの仲井嘉浩氏、マリオット・インターナショナルのカール・ハドソン氏が開業の経緯や今後の展望などについて語り、来賓代表の高島福岡市長は、アジアのリーダー都市を目指す福岡市にとって、次のステージへと上がっていくことへの期待感について表しました。

ザ・リッツ・カールトン福岡は、ショップ、バー、カフェ、クラブが立ち並ぶトレンドの中心地、天神に位置し、福岡空港や博多駅、博多港から車または公共交通機関で15分ほどの距離にあります。

福岡はかつて交易路の要所であり、現在も日本とアジアを結ぶ重要なゲートウェイとして、躍動感に溢れたデスティネーションです。

福岡では毎年さまざまな祭りが行われており、中でも800年の歴史を持つ博多祇園山笠はユネスコの無形文化遺産に登録されています。また、美しい海辺や自然公園、日本最初の禅寺聖福寺や福岡城跡などの史跡も福岡の魅力の一つです。

九州最高級ホテル・九州初のマリオットラグジュアリーブランド「ザ・リッツ・カールトン福岡」開業

ザ・リッツ・カールトン福岡は、東京の久米設計がデザインした25階建てのガラスタワーの9フロアを占有しています。

オーストラリアのメルボルンに拠点を構えるLayan Architects + Designersが監修したインテリアデザインとアートは、福岡の伝統工芸である絹織物「博多織」からインスピレーションを受けており、ホテル内には、地元の職人による器、絵画、織物といった装飾やデザインが施されています。

ホテルからは、玄界灘や志賀島、大濠公園や福岡タワーなど、福岡ならではの景色を見渡すことができます。

デラックスキングルーム 
デラックスキングルーム
ザ・ロビーラウンジ
ザ・ロビーラウンジ

19階から23階には、ゆったりとくつろぐことができる50㎡のゲストルームと75㎡以上のスイートルームを備え、福岡の街並みを望む「福岡スカイライン」、大濠公園の豊かな緑を見渡す「パークビュー」、博多湾を行き交う船やその先に広がる眺望が美しい「ベイビュー」など、さまざまな客室タイプを用意。

132㎡のプレジデンシャル スイートと188㎡のザ・リッツ・カールトン スイートには、それぞれダイニングルームとサービスキッチンが備えられており、客室内でプライベートな食事を楽しめます。

クラブルームとスイートルームの宿泊者が利用できる、ホテルの24階に位置する「ザ・リッツ・カールトン クラブ」は、繁華街の喧騒を忘れ、福岡の美しい景色を一望できる静謐な空間となっており、1日5回のフードプレゼンテーションでは、朝食、ランチタイムの軽食、アフタヌーンティー、夕食前のオードブル、コーディアルを堪能することができます。

週末に行われるジャズの生演奏に加え、バーやプライベートルームを備えたザ・リッツ・カールトン クラブは、ビジネスや交流の場として利用でき、滞在中は専任のコンシェルジュがパーソナルな要望にきめ細かく対応します。

ホテル内には、4つのレストランと2つのバーがあり、福岡の豊かな食材を生かしたメニューが提供されます。

「Viridis(ヴィリディス)」では、「Farm-to-Sky 地産地消(農場から、空へ)」をコンセプトに、九州産食材を使ったモダンウェスタンメニューを提供。日本料理レストラン「幻珠(げんじゅ)」では、日本が誇る三大美味、会席、鮨と鉄板焼を堪能できます。

The Lobby Lounge & Bar(ザ ロビーラウンジ&バー)は、軽食やドリンクを楽しめる心地よい空間となっており、博多湾を行き交う船からインスピレーションを得たバー「Bay(ベイ)」では、テラスからの息をのむような景色と共に、オリジナルのカクテルや炭火焼き料理、タパスを楽しむことができます。

Bay
Bay

心地よく、洗練された雰囲気のカフェ「Diva(ディーバ)」では、軽食やスイーツ、九州の銘茶を取り入れたアフタヌーンティーを提供。

24階にある「ザ・リッツ・カールトン スパ」には、博多湾を見渡す25mの屋内プールやシティビューが広がるジム、英国のスパブランドESPAによるボディトリートメントが体験できるシングルとダブルのトリートメントルームがあります。

また、リッツ・キッズでは、子ども向けアメニティやメニューのほか、同プログラムの4つの柱である「自然」「探求」「責任」「文化」をテーマにしたガイド付きアクティビティやクラフト体験など、子どもたちが楽しむことができるサービスが提供されます。

3階には、108㎡の「ザ・リッツ・カールトン スタジオ」と336㎡の「ザ・リッツ・カールトン ボールルーム」の2つのバンケット会場があり、用途にあわせて、さまざまなイベントに柔軟に対応することができます。

ボールルームには6メートル四方のLEDスクリーンが設置されており、映画やビデオによる大規模なプレゼンテーションが可能です。また、和と洋が融合したチャペルでは、結婚式を行うことができます。

ザ・リッツ・カールトン福岡 公式サイト

この記事の内容は、2023年6月21日(水)時点のものです。

6321
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top