福岡のニュース

熊本地震からの創造的復興のシンボル、阿蘇くまもと空港 新旅客ターミナルビル 3月23日(木)オープン

熊本地震からの創造的復興のシンボル、阿蘇くまもと空港 新旅客ターミナルビル 3月23日(木)オープン

熊本国際空港株式会社(所在:熊本県上益城郡益城町平)は20日、阿蘇くまもと空港において建設が進められている新旅客ターミナルビルについて、2023年3月23日(木)に開業すると発表しました。

阿蘇くまもと空港は、九州の中央に位置する熊本県に所在する空港として「世界と地域にひらかれた九州セントラルゲートウェイ」を標榜し、国際線をはじめとする航空ネットワークの拡充を進めています。

今回は1期として、ビジョン実現の核となる新旅客ターミナルビルが開業。続いて2024年秋頃には2期として、広場を中心とした「地域にひらかれたにぎわい空間」を活かし、交流人口を拡大する動きを加速していくとのことです。

熊本地震からの創造的復興のシンボル、阿蘇くまもと空港 新旅客ターミナルビル 3月23日(木)オープン

新旅客ターミナルビルのデザイン
熊本城の黒漆・漆喰をイメージした陰影のあるデザイン。熊本城の石垣や加藤清正の家紋「蛇の目の紋」などをモチーフとしたエントランスやサイン計画となっており、館内サインは、国内線が「黒」、国際線が「白」で統一されています。

阿蘇くまもと空港 オフィシャルサイト

この記事の情報は2023年3月20日(月)現在のものです。最新の情報は公式サイト等から確認をお願いします。

1220
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top