福岡のニュース

日本初!鉄道・バスのメタバースミュージアム「にしてつバース」オープン日が決定

日本初!鉄道・バスのメタバースミュージアム「にしてつバース」オープン日が決定

西鉄では、メタバース上に鉄道とバスのミュージアムを構築した「にしてつバース」を2023年2月25日(土)にオープンすると発表しました。

メタバースとは、参加者がアバターを操作して自由に行動できる、インターネット上に構築された3次元のバーチャル空間やそのサービスのことで、その市場規模は年々拡大しています。

日本初!鉄道・バスのメタバースミュージアム「にしてつバース」オープン日が決定

同社では、これまで所有していなかった鉄道とバスのミュージアムをメタバース上で展開することで、同社の価値・魅力向上を図るとともに、同社オリジナルのコンテンツに触れてもらうことでファン獲得に繋げていきたいとのこと。

なお、鉄道とバスのミュージアムをメタバース上に構築することは、日本初の取り組みです。まずは以下のデモ動画をどうぞ。

「にしてつバース」では、利用者が操作するアバターがミュージアムを回遊しながら、3D車両や各種展示などを鑑賞できるほか、電車やバスの車両運転席でのスイッチ操作体験などを楽しめます。

同社では今後、電車やバスに関する企画展を開催するなど、魅力あるコンテンツを定期的に発信していくとのことです。

また、「にしてつバース」内に「にしてつNFTギャラリー」をオープンすることもあわせて発表。データやデジタルコンテンツの唯一性を保証する仕組みであるNFT(非代替性トークン)を活用し、車両の写真がデザインされた同社オリジナルカードをLINE NFT上で販売されます。

にしてつバースの概要

メタバース上に構築した鉄道やバスのミュージアム。3D車両や各種展示などを鑑賞できるほか、電車やバスの車両運転席でさまざまなコンテンツの体験を楽しむことができます。

日本初!鉄道・バスのメタバースミュージアム「にしてつバース」オープン日が決定

日本初!鉄道・バスのメタバースミュージアム「にしてつバース」オープン日が決定

日本初!鉄道・バスのメタバースミュージアム「にしてつバース」オープン日が決定

サービス開始日
2023年2月25日(土)
利用料
無料
利用方法
公式サイトもしくは公式アプリからアクセス

コンテンツ

鉄道ミュージアム
・3Dモデル(5000形)の展示、車両操作体験
車両運転席でドア開閉やワイパー、ランプの点灯などの操作が体験できます。
・先頭車両(トレインヘッド)の展示
3000形、9000形、600形や観光列車(旅人、水都、THE RAIL KITCHEN CHIKUGO)の車両の一部を展示。
・常設ギャラリー
普段は見られない車両や保線作業中の写真などを展示します。

バスミュージアム
・3Dモデル(スマートループ)の展示、車両操作体験
車両運転席でドア開閉や運賃モニターなどの操作が体験できます。
・バスヘッドモデルの展示
一般路線バス、BRT(連節バス)、高速バス、福岡オープントップバスの車両の一部を展示。
・常設ギャラリー
当社を題材にした漫画(「マンガでわかる!西鉄バス運転士」)のイラストを展示。

その他、詳細内容については、2月25日(土)以降、以下の公式サイトから確認できます。

NISHITETSU-VERSE BUS & TRAIN MUSEU

上記内容は、2023年1月22日(日)時点での情報です。

6046
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top