福岡のニュース

イムズ跡地「(仮称)天神 1-7 計画」新築工事着工 – 天神に新たなランドマーク誕生へ

イムズ跡地「(仮称)天神 1-7 計画」新築工事着工 - 天神に新たなランドマーク誕生へ

三菱地所は15日、福岡市中央区天神一丁目において計画中の「(仮称)天神1-7計画」に関して、2024年5月15日に安全祈願祭を実施し、新築工事に着手したと発表しました。

同計画は、三菱地所初の都心型商業施設である「イムズ」跡地に新たに開発する、オフィス・ホテル・商業を用途とする複合ビル開発プロジェクトです。

2022年8月に福岡市による「天神ビッグバンボーナス」の認定を受けており、2026年12月末の竣工が予定されています。

また、同計画には、アメリカ・シアトル発のホテルブランド、アジアで2施設目となる「エースホテル」の出店の決定。

同計画の前身であるイムズは、「情報受発信基地」をコンセプトとした当時としては先進的な商業施設であり、商業の場としての機能だけでなく、ショールーム機能の導入、イムズホールやアートギャラリー・三菱地所アルティアムでの文化発信などの取り組みが行われてきました。

イムズの誕生から35年の時を経て、技術革新や国際化、パンデミックなどによって人々の価値観や生活様式が大きく多様化したことを踏まえ、古くから対外交流の窓口として豊かな文化を育んできた福岡に相応しい、新たな「交流の循環」が生まれ、豊かな文化・ライフスタイルを実現できるまちを目指し、開発コンセプトを「福岡文化生態系~福岡のあたらしい文化を共に創造し続ける~」と決定。

同社では、エースホテルをはじめ様々なパートナーとの共同により、同計画を通じて人々の営みがシームレスに繋がることで、福岡市が推進する天神ビッグバン、そして福岡・天神のまちづくりに貢献していくと語っています。

オフィス

イムズ跡地「(仮称)天神 1-7 計画」新築工事着工 - 天神に新たなランドマーク誕生へ

総面積約8,000坪、基準階面積約790坪、想定就業者数約3,000人のオフィス空間を整備。

レイアウト効率が高く様々な働き方に対応できる無柱空間となる本計画のオフィスは、最小区画30坪台からの利用が可能であり、三菱地所が2018年の本社移転以来培ってきた「進化し続けるワークプレイス×ワークスタイル」に関する知見やノウハウも踏まえた提案を実施。

イムズ跡地「(仮称)天神 1-7 計画」新築工事着工 - 天神に新たなランドマーク誕生へ

渡辺通りから視認できる3階角部には、様々なワークスタイルに寄り添うカフェを併設した一部2層吹き抜けのオフィスエントランスを設けるなど、天神のあらたなランドマークとなるオフィスが誕生します。

ホテル

イムズ跡地「(仮称)天神 1-7 計画」新築工事着工 - 天神に新たなランドマーク誕生へ

アジア地域において2施設目かつ九州初進出となるアメリカ・シアトル発のホテルブランド「エースホテル」が出店。

192室の客室に加え、1~2階のラウンジ、カフェバー、レストラン、ギャラリー、3階のMICE対応が可能なファンクションルーム・ミーティングルーム、19~20階のルーフトップバーは、宿泊者以外にも来街者やワーカーなどまちに関わる人々が自由に利用できます。

イムズ跡地「(仮称)天神 1-7 計画」新築工事着工 - 天神に新たなランドマーク誕生へ

また、アートや音楽などの文化的プログラムの展開などを通じ地域コミュニティの活性化・カルチャー創出を目指します。

商業

イムズ跡地「(仮称)天神 1-7 計画」新築工事着工 - 天神に新たなランドマーク誕生へ

地下2階から2階にかけて、約1,100坪の商業ゾーンを展開。

地下2階は、天神地下街、ONE FUKUOKA BLDG.(以下「ワンビル」)及び因幡町通り地下通路と繋がる利便性の高いゾーンとなります。

日常利用から特別なひと時を過ごせるものまで、様々なタイプのショップ&レストランが展開される予定です。

イムズ跡地「(仮称)天神 1-7 計画」新築工事着工 - 天神に新たなランドマーク誕生へ

1階は、渡辺通りをはじめ四方の通りに面し、周囲からの視認性の高いゾーンとなります。計画進行中のワンビルや(仮称)天神ビジネスセンター2期計画とともに、渡辺通り東側の商業活性化に貢献し、天神地区に新たな賑わい拠点を創出。

交流が生まれるための取り組み

イムズ跡地「(仮称)天神 1-7 計画」新築工事着工 - 天神に新たなランドマーク誕生へ

建物外周部では、Fukuoka Art Nextの推進に寄与するパブリックアートやベンチ等の休憩施設を設置することに加え、公共空間を美装化し、豊かで潤いのある空間を形成。

また、周辺施設と連携することで、来街者が行き交い、天神エリアの回遊性向上や一体感の創出を目指します。

駐車場車路をワンビルと共用することで、地上部の車両混雑に配慮しつつ、福博であい通りにおいて歩車分離された安全な歩行空間を確保します。

サステナビリティ

イムズ跡地「(仮称)天神 1-7 計画」新築工事着工 - 天神に新たなランドマーク誕生へ

同計画は、天神の中心に位置するシンボル性の高い開発となるからこそ、前身のイムズから本計画を経て次世代に繋いでいくことが必要であると考えられており、未来を想うサステナブルな取り組みが推進されます。

木材利用
MEC Industry社が製造する九州産の木材を使用したCLTパネルを建物外装に約450㎥使用し、地産地消の実現、森林保全や林業振興に貢献。

環境配慮
CLTパネルの使用は、約259トンの二酸化炭素を固定します。また、パネルを幾何学計算に基づき有機的に配列することで日射熱を約40%削減するなど、更なる省エネ効果を実現。また、使用する全電力を再生可能エネルギー由来とするほか、建物低層部に600㎡超の緑地を設けることで、福岡市が都心の森1万本プロジェクトにて目指す憩いや安らぎを感じられる魅力的な街並みを創出するとともに、ヒートアイランド現象の緩和に貢献。

計画概要

▼事業名称
(仮称)天神 1-7 計画
▼敷地面積
約4,640㎡
約1,400坪
▼建築面積
約3,960㎡
約1,197坪
▼延床面積
約73,960㎡
約22,372坪
▼階数・高さ
地上21階
地下4階
約91m
▼新築工事着工
2024年5月
▼竣工
2026年12月末(予定)

用途構成

イムズ跡地「(仮称)天神 1-7 計画」新築工事着工 - 天神に新たなランドマーク誕生へ

関連記事:天神のイムズ跡地「(仮称)天神1-7 計画」で米エースホテルの出店が決定

三菱地所株式会社

この情報は5月15日(水)時点での内容です。また、記事の内容は予告なく変更される場合があります。

2213
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top