福岡のニュース

初詣はリニューアルした鳥飼八幡宮へ「表参道整備事業」が竣工、元日に記念イベントを開催

初詣はリニューアルした鳥飼八幡宮へ「表参道整備事業」が竣工、元日に記念イベントを開催

鳥飼八幡宮(とりかいはちまんぐう/所在地:福岡市中央区)は、現在3年計画で遷宮事業を行っており、現在2年目を実施しています。

今回、2023年12月16日に「表参道整備事業」が竣工し、表参道がリニューアル。

夏に実施されたクラウドファンディングでは、目標金額の2.7倍の支援が集まり、表参道の新しいシンボルとなる巨石を佐賀県の天山から移して設置。

初詣はリニューアルした鳥飼八幡宮へ「表参道整備事業」が竣工、元日に記念イベントを開催

勝軍岩と名付けられたこの岩は高さ3・5メートル、35トンの大きさがあり、古代、神様を宿らせた磐座(いわくら)のような神秘的なたたずまいです。

本殿御神体の中心を通る「正中(せいちゅう)」には、日本庭園で用いられる技法「あられこぼし」を施し、大正時代に整備された同宮の表参道を歩きやすく敷き詰め直す施工も実施。

初詣はリニューアルした鳥飼八幡宮へ「表参道整備事業」が竣工、元日に記念イベントを開催

さらに、車椅子利用者、杖の利用者、ベビーカーでも通りやすいスロープを設け、表参道からアクセスしやすいようにバリアフリー整備が行われました。

初詣はリニューアルした鳥飼八幡宮へ「表参道整備事業」が竣工、元日に記念イベントを開催

そのほか、新たに植栽の木の種類を増やして、季節ごとの変化を楽しめるようになります。若木を植えてあるので、これから成長する参道の姿も体感できることでしょう。

初詣はリニューアルした鳥飼八幡宮へ「表参道整備事業」が竣工、元日に記念イベントを開催

なお、初年度に建造した新しい社殿(本殿・拝殿)は「鳥飼八幡宮 式年遷宮」として、第30回 福岡市都市景観賞の大賞を受賞しています。

元日にマグロの解体ショーを開催

福岡市都市景観賞大賞受賞、表参道の竣工を記念して、2024年元日11時より、同宮境内にてマグロの解体ショーとマグロの刺身の振る舞いが行われます。

参加は無料。マグロの切り身がなくなり次第終了です。

また、元日から干支である龍の切り絵御朱印(限定300枚)が2,000円)にて授与されます。

縁むすびの神 鳥飼八幡宮

この情報は2023年12月28日(木)時点での内容です。また、記事の内容は予告なく変更される場合があります。

1054
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top