福岡のニュース

九州北部地方では、22日夕方にかけて平地、山地ともに大雪に注意・警戒

九州北部地方では、21日未明から22日にかけて平地、山地ともに大雪に注意・警戒
画像はイメージです

福岡管区気象台では、大雪に関する九州北部地方(山口県を含む)気象情報 第6号を発表。

九州北部地方では、22日にかけて上空約1500メートルに平年よりおよそ10度低い氷点下12度以下の強い寒気が流れ込み、冬型の気圧配置が続く見込みです。

このため、九州北部地方では、22日夕方にかけて平地、山地ともに大雪となるおそれがあります。雪が同じ所で降り続いた場合は、警報級の大雪となるおそれがあります。

雪の予想

21日6時から22日6時までに予想される24時間降雪量は、いずれも多い所で
山口県山地 30センチ
福岡県山地 15センチ
佐賀県山地 15センチ
長崎県山地 15センチ
大分県山地 15センチ
熊本県山地 10センチ
山口県平地 15センチ
福岡県平地 5センチ
佐賀県平地 5センチ
長崎県平地 5センチ
大分県平地 10センチ
熊本県平地 5センチ

その後、22日6時から23日6時までに予想される24時間降雪量は、いずれも多い所で
山口県山地 10から20センチ
福岡県山地 5から10センチ
佐賀県山地 5から10センチ
長崎県山地 5から10センチ
大分県山地 5から10センチ
熊本県山地 5から10センチ
山口県平地 1から5センチ
福岡県平地 1から5センチ
佐賀県平地 1から5センチ
長崎県平地 5から10センチ
大分県平地 1から5センチ
熊本県平地 1から5センチ

山地は標高200メートルを超える地域

防災事項

降雪や路面凍結による交通障害、農作物や農業施設の管理に注意・警戒してください。また、雪による視程障害、電線や樹木等への着雪にも注意してください。

今後発表する警報や注意報、気象情報に留意してください。

福岡管区気象台ホームページ

この情報は2023年12月21日(木)時点での内容です。また、記事の内容は予告なく変更される場合があります。

3949
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top