福岡のニュース

「プレミアホテル門司港」開業25周年記念で「スタンダードフロア」全室をリニューアル

「プレミアホテル門司港」開業25周年記念で「スタンダードフロア」全室をリニューアル

プレミアホテル グループでは、北九州の「プレミアホテル門司港」について、スイートルームを含む「スタンダードフロア」の全134室を改装し、2023年4月22日(土)より宿泊を開始すると発表しました。

同ホテルは、明治に開港し日本の三大港として数えられた北九州の関門海峡・門司港の歴史的建造物が残された門司港レトロ地区に位置し、イタリア建築界の巨匠、アルド・ロッシ氏により設計され、日本を代表するインテリアデザイナー、内田繁氏にアートディレクションされた二十世紀を代表するデザイナーズホテルです。

今回の改装は、開業当初からホテル棟であった「スタンダードフロア」のスイートルームを含む全134室を対象とし、設計時から関門海峡や門司港レトロの景観と調和するように緻密に計算された個性と洗練を兼ね備えたデザイン性を継承しながらも、時代の流れとともに変化したゲストの過ごし方に合う機能性を拡充させるため、家具などを含めた内装をリニューアルしたものとなります。

「プレミアホテル門司港」開業25周年記念で「スタンダードフロア」全室をリニューアル

「プレミアホテル門司港」開業25周年記念で「スタンダードフロア」全室をリニューアル

「プレミアホテル門司港」開業25周年記念で「スタンダードフロア」全室をリニューアル

別棟「プレミアフロア」との統一感や門司港地区の“港町リゾート・門司港” という新テーマも取り入れ、門司港ならではのデザインと過ごしやすさを追求した空間に更新されています。

リニューアル後の客室の特徴

「プレミアホテル門司港」開業25周年記念で「スタンダードフロア」全室をリニューアル

新しい客室は、開業20周年の2018年に客室へとリノベーションした別棟「プレミアフロア」の客室と統一感を持たせた、門司の海が続くようにイメージしたオリジナルカーペットを配したほか、窓際はガラリ戸をカーテンに変え、備え付けのカウンターテーブルを撤去し、新たにティーテーブルとソファーを配置。

新調した家具にはフロアのテーマカラーに合わせた色味を採用し、レトロな風合いを残しています。

これにより、窓際のソファにゆったりと腰掛けながら、門司港レトロ街や関門海峡を行き交う船舶、刻々と変化する潮や雲の流れを眺望する、港町リゾートならではのひとときを過すことができます。

なお、現代のゲストの過ごし方に合わせ、ベッドサイドには携帯電話等の充電ポートを新設し、滞在をより快適に過ごせるような空間へとアップデートされています。

ホテル概要

名称
プレミアホテル門司港
所在地
福岡県北九州市門司区港町9−11
開業
1998年
階数
地上9階建
客室数
162室
付帯施設
レストラン3店舗
クラブラウンジ
宴会場
会議室 3室
交通
門司港駅徒歩2分

プレミアホテル門司港 公式サイト

この記事の情報は2023年4月19日(水)現在のものです。

3719
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top