福岡のニュース

「博多どんたく」は石村萬盛堂 本店で、博多文化を体験!

石村萬盛堂 本店では、2023年5月3日(祝)、5月4日(木・祝)に開催される「博多どんたく」に合わせて、博多文化を体験できる様々な催しを行います。

まずは、「博多どんたく」に欠かせぬ伝統行事「博多松囃子」。石村萬盛堂 本店には、「博多松囃子」の三福神に毎年お越しいただいております。

また、端午の節句企画としまして、石村萬盛堂の和菓子職人による「柏餅の実演販売」を行います。さらに4月29日(土)より、来場者には、石村萬盛堂オリジナルの「かぶとの折り紙(数量限定)」をプレゼント。

喉を爽やかに潤す「夏雲スカッシュ」も本店限定で販売中です。【博多松囃子(はかたまつばやし)】
日舞、バトントワラー、吹奏楽など、様々なグループがパレードしますが、その先頭を行くのは、福神・恵比須・大黒の三福神と稚児流れ(ちごながれ)からなる松囃子の一行です。どんたくの起源は、八百年以上の伝統を誇るというこの松囃子にあるのです。

松囃子の一行はパレードとは別に、「言い立て」というめでたい唄を謡いながら博多の市中をまわり、主立った家や寺社、会社などに立ち寄って、「祝うたあ」と祝福します。 石村萬盛堂 本店には、毎年、博多松囃子に、お越しいただいております。三福神をお迎えする時間は、 HPまたは、Instagram、Twitterでお知らせします。

【一束一本(いっそくいっぽん)】
祝いを受けた石村萬盛堂からは、答礼として「一束一本」をお渡しします。これは武士の礼物として使われていた物で、江戸時代、松囃子が福岡城に繰り込んだ時、藩主から「一束一本」が渡されていたという歴史を現代に伝えるものです。
【預かり笹】
「博多どんたく」では、参加する人たちが背中に笹をさして「預かり」と書いた札をぶら下げている姿を見かけます。これは元来、各商店が子どもたちに用意する、今でいうお菓子の引換券として使われていました。

来ていただいた気持ちを「預かる」という意味があるそうです。どんたく期間中にご来店いただいたお客様に、「預かり笹」をお渡しします。※無くなり次第終了

【端午の節句 柏餅実演】
開催日:5月3日(水)~5月5日(金)11:00~16:00
端午の節句特別企画。和菓子職人による柏餅の実演販売を行います。職人が『柏餅』を目の前で丁寧におつくりします。ぜひ、お子様と一緒に来店ください。※なくなり次第終了

柏餅(こしあん・よもぎ粒あん)1個216円(税込)
~なぜ、端午の節句に柏餅を食べるの?~
柏の葉は新芽が育つまで親葉が枯れずに見守っていることから、家系の永続と繁栄につながる縁起物とされています。その葉を使ってつくる『柏餅』は端午の節句に欠かせないお菓子となっています。また、厄除けの意味を込めた粽(ちまき)も用意しております。

~家族みんなでかぶとを折ろう!~
【石村萬盛堂オリジナル かぶとの折り紙プレゼント!】
期間:4月29日(土)~ ※数量限定、なくなり次第終了
●紙製のかぶとは、実際にかぶったり飾ったりできます。

【期間限定】博多どんたく鶴乃子 2個入378円(税込)
販売期間:4月20日(木)~5月4日(木)
「銘菓 鶴乃子」が、博多どんたく限定のパッケージで登場します。

◆夏雲スカッシュ580円(税込)
「博多どんたく」で街が賑わい、気温も上がるGWにぴったりな「夏雲スカッシュ」を、本店限定で販売中。

◆つるのこのこ750円(税込)
大人気の「つるのこのこ」も同じく、本店限定で準備してます。

【石村萬盛堂 本店】
福岡市博多区須崎町2-1
092-291-1592
10:00~19:00(つるのこのこ工房 10:30 – 18:00)
定休日:毎月第3水曜日

▶ 石村萬盛堂本店

この情報は2023年4月19日(水)時点の内容です。最新の情報は公式サイトなどにて確認をお願いします。

2272
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top