福岡のニュース

太宰府天満宮の屋根に“森”が出現。重要文化財「御本殿」124年ぶり令和の大改修に伴い、特別な「仮殿」を建設

太宰府天満宮の屋根に“森”が出現。重要文化財「御本殿」124年ぶり令和の大改修に伴い、特別な「仮殿」を建設

太宰府天満宮では、学問・文化芸術・至誠の神として広く仰がれている菅原道真公(天神さま)に縁の深い25という数に因み、25年毎に式年大祭を執り行い、ご神威の甦りと天神信仰のさらなる発揚を繰り返してきました。

そして令和9年(2027)に、菅原道真公が薨去(こうきょ)してから1125年という大きな節目を迎えます。

同宮では、この節目となる式年大祭を前に、令和5年5月より約3年間をかけ、124年ぶりに重要文化財「御本殿」の大改修を行うと発表しました。さらに改修期間は、御本殿前に「仮殿」を建設し、参拝者を迎えます。

仮殿のデザイン・設計は、国内外で活躍する建築家であり、大阪・関西万博の会場デザインプロデューサーも務める藤本壮介氏率いる藤本壮介建築設計事務所が手がけ、11月22日に完成図がお披露目されました。

3年間しか表出しない仮殿、だからこそ天神さまにも参拝者のひとたちにも喜んでもらえる場所にとの思いで、藤本壮介氏にデザイン・設計を依頼。

御本殿の改修計画

現在の御本殿は、約430年前に筑前国主小早川隆景公が再建したもので、桃山時代の豪壮華麗な様式を伝え、国の重要文化財に指定されています。

令和5年2月より仮殿の建設を行い、同年5月頃より3年をかけて国の重要文化財 御本殿の檜皮の葺替え、漆塗りなどを中心に防災工事も含めた大改修が行われます。

これほど長期間にわたる修理は、御本殿再建以来初めてのことで、守り継がれてきた伝統を未来へ継承し、美しい姿を蘇らせるべく、伝統技術を用いて傷んだ箇所を修理することはもちろんのこと、建築史や歴史学の専門家を中心に有識者会議を立ち上げ、修理と並行して調査・研究を行い、御本殿の歴史的価値と文化的意義の再評価を行っていくとのことです。

太宰府天満宮の屋根に“森”が出現。重要文化財「御本殿」124年ぶり令和の大改修に伴い、特別な「仮殿」を建設

太宰府天満宮の屋根に“森”が出現。重要文化財「御本殿」124年ぶり令和の大改修に伴い、特別な「仮殿」を建設

▲前回の檜皮葺替えの様子(平成2年/1990年)

仮殿の設計

太宰府天満宮の屋根に“森”が出現。重要文化財「御本殿」124年ぶり令和の大改修に伴い、特別な「仮殿」を建設

御本殿の大改修に際して、御祭神の御神霊を仮安置するために設けられる御社殿、「仮殿」を令和5年の5月に建設。仮殿遷座祭後、神事や参拝は仮殿で行われます。

「仮殿」は、天神の杜との調和を重視し屋根に木を植えるという、新しくも穏やかで美しいデザインとなっているほか、御本殿と異なり、仮殿には靴を脱がず上がることができます。

太宰府天満宮の屋根に“森”が出現。重要文化財「御本殿」124年ぶり令和の大改修に伴い、特別な「仮殿」を建設

さらにスロープが設けられ、年配者や子連れにも配慮した設計となっています。斎場の広さも現在の御本殿と変わらずゆとりある空間で参拝ができます。

太宰府天満宮とは

太宰府天満宮の屋根に“森”が出現。重要文化財「御本殿」124年ぶり令和の大改修に伴い、特別な「仮殿」を建設

太宰府天満宮(だざいふてんまんぐう)は、福岡県太宰府市宰府(さいふ)にある神社。旧社格は官幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。神紋は梅紋です。菅原道真(菅原道真公、菅公)を祭神として祀る天満宮の一つ(天神様のお膝元)。初詣の際には九州はもとより日本全国から毎年200万人以上、年間にすると1000万人以上の参詣者があります。全国天満宮の総本社とされ、また菅公の霊廟として篤く信仰されています。

太宰府天満宮 公式サイト

この記事の情報は2022年11月26日(土)時点での内容です。

3637
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top