福岡のニュース

長部田海床路(ながべたかいしょうろ)満潮で沈む海の中道に行ってきた

満潮で海に沈む道、熊本県宇土市の「長部田海床路(ながべたかいしょうろ)」に行ってきた

大分むぎ焼酎二階堂のテレビCM(2008年に放送)のラストシーンに登場し、その存在を一躍有名にした、熊本県宇土市にある「長部田海床路(ながべたかいしょうろ)」へ行ってきました。

干潮の時間帯は、海の向こう側へ道が伸びており、満潮となると、道が海に沈むという、まさに”熊本版 海の中道”といった感じです。

この地域の海は、干満の差が激しいことから、海苔養殖・採貝を営む漁業者さんたちの行き来が(クルマによる移動を可能とすることで)楽になるようにと、昭和54年に「道」が建設されたそうです。

潮の干満の差により、海の中に電柱が立ち並び、ぼんやりとした光が海の水面に柔らかく照らされる光景は、満潮の2時間前後が見頃とされています。

「長部田海床路」の場所は、以下の地図を参考にしてください。

行き方ですが、九州自動車道を熊本方面へ走り、熊本IC → 益城熊本空港IC → 嘉島(かしま)JCTを鹿児島方面へ通過し、御船(みふね)ICで高速道路を降ります。

ここをタップorクリックすることで御船IC出口からの道順を確認できます。※御船IC出口から約40分で到着。

御船ICを降りて、すぐ突き当りの信号を右折、天草・熊本方面(国道445号線)に出ます。片側2車線の道路ですので、左側を走ります。

満潮で海に沈む道、熊本県宇土市の「長部田海床路(ながべたかいしょうろ)」に行ってきた
© Google Maps

しばらくすると、本渡・宇土方面(県道50号)と熊本(国道445号)とに分岐する地点にさしかかりますので、今いる車線を、さらに左側車線に移動し、本渡・宇土方面へ進みます。

満潮で海に沈む道、熊本県宇土市の「長部田海床路(ながべたかいしょうろ)」に行ってきた
© Google Maps

道なりに直進すると、薄いグリーンの色をした横断歩道橋が見えてきます。この交差点を左折し、国道3号線に入ります。ここから数キロ先に、左折専用レーンに分かれる場所(左側車線を走っていると逆方向に曲がってしまいます)がありますので、最初から右側車線を走りましょう。

満潮で海に沈む道、熊本県宇土市の「長部田海床路(ながべたかいしょうろ)」に行ってきた
© Google Maps

しばらく走ると、左手にマクドナルドの看板(立体的なロゴマーク)が見えてきます。さらにその先に横断歩道橋が見えてきますので、右折車線(天草・三角 方面)に入る準備をしましょう。右折したら国道57号線に入ります。後は目的地へ向かって真っ直ぐ道なりに進みます。

満潮で海に沈む道、熊本県宇土市の「長部田海床路(ながべたかいしょうろ)」に行ってきた
© Google Maps

九州自動車道の御船ICを降りて、目的地までは、交差点を3回曲がるだけで現地に到着します。道順という意味では、とても分かりやすいルートです。

国道57号線を真っ直ぐ走っていると、右手にファミレスのジョイフルが見えてきます。さらに進むと、軽い上り坂で、道なりに、ゆるやかに左にカーブします。そこを過ぎると、右手に海が見えてきます。もうすぐそこが目的地です。

右手に「住吉海岸公園」と書かれた白い看板が見えてきますので、そこから右折して駐車場へ入ります。

満潮で海に沈む道、熊本県宇土市の「長部田海床路(ながべたかいしょうろ)」に行ってきた

駐車場はかなり広く、乗用車から大型トラックまで、かなりの台数が駐車できます。※画像の反対側も駐車場です。

満潮で海に沈む道、熊本県宇土市の「長部田海床路(ながべたかいしょうろ)」に行ってきた

トイレ兼ゲートとなる門をくぐって公園に入ります。ゲートの右側からも入れますが、ここはクルマが通行する場所ですので、危険を避けるためにもゲートから公園に入りましょう。

満潮で海に沈む道、熊本県宇土市の「長部田海床路(ながべたかいしょうろ)」に行ってきた

大きな公園ではありませんが、目前に広がる大海が「海にきたー!」という気分にさせます。

満潮で海に沈む道、熊本県宇土市の「長部田海床路(ながべたかいしょうろ)」に行ってきた

堤防沿いに右側へ歩いていきます。

満潮で海に沈む道、熊本県宇土市の「長部田海床路(ながべたかいしょうろ)」に行ってきた

すると見えてきました!海の向こう側へ向かって道が伸びており、それに添って電柱が並んでいます。

満潮で海に沈む道、熊本県宇土市の「長部田海床路(ながべたかいしょうろ)」に行ってきた

当たり前のことですが、ここから先(海)では、組合員の方たち以外の入漁が固く禁じられています。特に注意しましょう。

満潮で海に沈む道、熊本県宇土市の「長部田海床路(ながべたかいしょうろ)」に行ってきた

ぐーっと道が伸びていて、漁に関連するクルマがひっきりなしに行き来きしています。

満潮で海に沈む道、熊本県宇土市の「長部田海床路(ながべたかいしょうろ)」に行ってきた

せっかく来たので、海に向かって道を歩いてみましょう。

満潮で海に沈む道、熊本県宇土市の「長部田海床路(ながべたかいしょうろ)」に行ってきた

振り向くと、岸から結構離れたところまでやってきたのが分かります。

満潮で海に沈む道、熊本県宇土市の「長部田海床路(ながべたかいしょうろ)」に行ってきた

さらに離れたところまでやってきました。この辺は、道路だけでなく、クルマを停める駐車場も整備されています。

満潮で海に沈む道、熊本県宇土市の「長部田海床路(ながべたかいしょうろ)」に行ってきた

現時点(潮の干満)で到達できる先端までやってきました。潮が満ちてきており、これ以上は進めません。

満潮で海に沈む道、熊本県宇土市の「長部田海床路(ながべたかいしょうろ)」に行ってきた

西の方角を見ると、秋季終盤の、低い太陽からの柔らかな光が水面に反射し、キラキラと実に美しい光景でした。

満潮で海に沈む道、熊本県宇土市の「長部田海床路(ながべたかいしょうろ)」に行ってきた

干潮時のこの風景が、満潮になると以下のようになります。

満潮で海に沈む道、熊本県宇土市の「長部田海床路(ながべたかいしょうろ)」に行ってきた
干潮|タップorクリックで拡大
満潮で海に沈む道、熊本県宇土市の「長部田海床路(ながべたかいしょうろ)」に行ってきた
満潮|タップorクリックで拡大

今回は、夕方から夜にかけて満潮となったことで、電柱の明かりと、夕焼けのコラボレーションとを、たっぷりと楽しむことができました。

今回訪れた場所は、福岡から天草へドライブする際の通り道でもあります。日帰りのドライブで干潮時と満潮時の両方を見るのは難しい(待つのだけでも大変)と思われますので、道を歩いて、沈んだ状態も見たい!という人は、天草観光をセットにした宿泊旅行を計画してみるのも良いかもしれませんね。

ちなみに、潮の干満についての時刻は、こちらのサイト(潮見表カレンダー)が便利です。

長部田海床路|宇土市経済部商工観光課
大分むぎ焼酎二階堂|消えた足跡

12947
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top