福岡のニュース

長部田海床路(ながべたかいしょうろ)熊本県宇土市住吉町

長部田海床路(ながべたかいしょうろ)

長部田海床路(ながべたかいしょうろ)満潮で沈む海の中道に行ってきた

大分むぎ焼酎二階堂のテレビCM(2008年に放送)「消えた足跡」篇のラストシーンに登場し、その存在を一躍有名にした、熊本県宇土市にある「長部田海床路(ながべたかいしょうろ)」へ行ってきました。

干潮の時間帯は、海の彼方へと伸びる約1kmの「道」が現れ、満潮となると「道」全体が海に沈みます。

長部田海床路は昭和54年(1979年)に建設。有明海は干満の差が激しいことから、潮が引き始めると船を岸に寄せることができず、海苔養殖・採貝を営む漁業者さんたちは、海での仕事を終えた後、船を岸から離れた沖に停泊させ、この「道」を使って陸に戻ります。

長部田海床路(ながべたかいしょうろ)満潮で沈む"海の中道"に行ってきました

海の中に電柱が立ち並び、ぼんやりとした光が海の水面に幻想的に照らされる光景は、満潮の2時間前後が見頃とされています。

ちなみに、スタジオジブリの長編アニメーション「千と千尋の神隠し」の劇中で、銭婆の元へ向かう千とカオナシが乗車した海原電鉄の走行シーンに似ていると、SNSなどで話題になったのも記憶に新しいところです。

「長部田海床路」の場所は、以下の地図を参考にしてください。

道順ですが、九州自動車道を熊本方面へ走り、熊本IC → 益城熊本空港IC → 嘉島(かしま)JCTを鹿児島方面へ通過し、御船(みふね)ICで高速道路を降ります。

ここをタップorクリックすることで御船IC出口からの道順を確認できます。※御船IC出口から約40分で到着。太宰府ICから約1時間40分です。

御船ICを降りて、すぐ突き当りの信号を右折、天草・熊本方面(国道445号線)に出ます。片側2車線の道路ですので、左側を走ります。

満潮で海に沈む道、熊本県宇土市の「長部田海床路(ながべたかいしょうろ)」に行ってきた
© Google Maps

しばらくすると、本渡・宇土方面(県道50号)と熊本(国道445号)とに分岐する地点にさしかかりますので、今いる車線を、さらに左側車線に移動し、本渡・宇土方面へ進みます。

満潮で海に沈む道、熊本県宇土市の「長部田海床路(ながべたかいしょうろ)」に行ってきた
© Google Maps

道なりに直進すると、薄いグリーンの色をした横断歩道橋が見えてきます。この交差点を左折し、国道3号線に入ります。ここからは片側2車線の広い道路です。右側車線は追い越しレーンとなりますので、左側車線を走行します。

満潮で海に沈む道、熊本県宇土市の「長部田海床路(ながべたかいしょうろ)」に行ってきた
© Google Maps

3.4km(約6分)ほど走行すると、右手にENEOSのガソリンスタンドが見えてきます。この辺をメドに右側車線に移動します。現在走行している左側車線は、この先で左折専用レーンとなりますので注意が必要です。

長部田海床路(ながべたかいしょうろ)満潮で沈む”海の中道”に行ってきました
© Google Maps

さらに1.2km(約3分)ほど走行すると、左手にマクドナルドの看板(立体的なロゴマーク)が見えてきます。

長部田海床路(ながべたかいしょうろ)満潮で沈む”海の中道”に行ってきました
© Google Maps

そのすぐ先に横断歩道橋が見えてきますので、右折車線(天草・三角 方面)に入る準備をしましょう。右折したら国道57号線に入ります。後は目的地へ向かって真っ直ぐ道なりに進みます。

満潮で海に沈む道、熊本県宇土市の「長部田海床路(ながべたかいしょうろ)」に行ってきた
© Google Maps

九州自動車道の御船ICを降りて、目的地までは、交差点を3回曲がるだけで現地に到着します。道順という意味では、とても分かりやすいシンプルなルートです。

国道57号線を真っ直ぐ走っていると、右手にファミレスのジョイフルが見えてきます。さらに進むと、軽い上り坂で、道なりに、ゆるやかに左にカーブします。そこを過ぎると、右手に海が見えてきます。もうすぐそこが目的地です。

左手に鉄道の踏切が見えてきます。そこを過ぎて、2つ目の踏切のすぐ右手に「住吉海岸公園」と書かれた白い看板が見えますので、右折専用レーンに入り、駐車場へと移動します。対向車線では、速いスピードでクルマが走行してきますので、右折時はしっかりと注意しましょう。

満潮で海に沈む道、熊本県宇土市の「長部田海床路(ながべたかいしょうろ)」に行ってきた

駐車場はかなり広く、乗用車から大型トラックまで、多くの台数が駐車できます。画像の反対側も駐車場です。

長部田海床路(ながべたかいしょうろ)満潮で沈む海の中道に行ってきた

トイレ兼ゲートとなる門をくぐって公園に入ります。ゲートの右側からも入れますが、ここはクルマが走行する場所ですので、危険を避けるためにもゲートから公園に入りましょう。

満潮で海に沈む道、熊本県宇土市の「長部田海床路(ながべたかいしょうろ)」に行ってきた

大きな公園ではありませんが、目前に広がる大海が「海にきたー!」という気分にさせます。

満潮で海に沈む道、熊本県宇土市の「長部田海床路(ながべたかいしょうろ)」に行ってきた

堤防沿いに右側へ歩いていきます。

満潮で海に沈む道、熊本県宇土市の「長部田海床路(ながべたかいしょうろ)」に行ってきた

すると見えてきました、海の向こう側へと伸びる道が!そしてその道に添って電柱が並んでいます。

長部田海床路(ながべたかいしょうろ)満潮で沈む海の中道に行ってきた

当たり前のことですが、ここから先(海)では、組合員の方たち以外の入漁が固く禁じられています。特に注意しましょう。

満潮で海に沈む道、熊本県宇土市の「長部田海床路(ながべたかいしょうろ)」に行ってきた

ぐぐーっと道が伸びていて、漁に関連するクルマがひっきりなしに行き来きしています。さて、せっかく来たので、海に向かって道を歩いてみましょう。

長部田海床路(ながべたかいしょうろ)満潮で沈む"海の中道"に行ってきました

2017年7月の台風被害により倒壊した、長部田海床路の”お印”ともいえる「電柱」ですが、2018年6月に新たに復活しています。支柱の土台も、より堅牢な造りに生まれ変わっているようです。

長部田海床路(ながべたかいしょうろ)満潮で沈む海の中道に行ってきた

振り向くと、岸から結構離れたところまでやってきたのが分かります。暑さが気にならず、それでいて、ウォーキングで暖まるのが心地よい、晩秋から初冬にかけてのシーズンは、訪れるのにぴったりな時期です。

長部田海床路(ながべたかいしょうろ)満潮で沈む"海の中道"に行ってきました

さらに離れたところまでやってきました。この辺は、道路だけでなく、クルマを停める駐車スペースにもなっているようで、広く整備されています。

長部田海床路(ながべたかいしょうろ)満潮で沈む"海の中道"に行ってきました

海床路の先端までやってきました。天候に恵まれれば、正面に長崎県の島原半島中央部にそびえる火山 雲仙岳(うんぜんだけ)を望むことができます。

長部田海床路(熊本県宇土市)

長部田海床路(熊本県宇土市)

西の方角を見ると、晩秋の、低い太陽からの柔らかな光が水面に反射し、キラキラと輝いていて、とても美しい光景でした。なお、つい先程まで海に沈んでいた場所を歩くわけですから、汚れても大丈夫なスニーカーが必須です。あと、丈の長いコートやスカートなども控えた方が良いでしょう。

満潮で海に沈む道、熊本県宇土市の「長部田海床路(ながべたかいしょうろ)」に行ってきた

今回訪れた場所は、福岡から天草へドライブする際の通過地点でもあります。日帰りのドライブで干潮時と満潮時の両方を見るのは難しい(待つのだけでも大変)と思われますので、海床路を歩いて、さらに沈んだ状態も見たい!という場合は、世界遺産の三角西港と天草観光をセットにした宿泊旅行を計画してみるのも良いかもしれませんね。

ちなみに、潮の干満、日の出/日の入に関する情報は、以下の潮見表を参考にしてください。長部田海床路のあるエリアは約5分差し引いた時刻を目安にどうぞ。例えば、干潮時刻が12時17分の場合、長部田海床路では12時12分頃となります。注意点として、干潮時刻が過ぎるとすぐに潮が満ち始めますので、歩く時間も考慮して、干潮時刻の1時間ほど前に到着するようにすると良いでしょう。

63259
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top