福岡のニュース

西鉄久留米駅に新設のフードコートにて西鉄電車・バス情報のデジタル配信開始

西鉄久留米駅に新設のフードコートにて西鉄電車・バス情報のデジタル配信開始

YE DIGITALが提供する、モビリティサイネージクラウド MMvision が、西日本鉄道の西鉄久留米駅ビル大規模リニューアルを機に採用され、商業エリアに新設されたフードコート(2階 北口改札前)にて、2024年3月16日(土)から運用がスタートしました。

西鉄久留米駅では、2019年から耐震補強工事を行っており、それに伴い、商業エリアでもリニューアル工事が行われています。

新設のフードコートは、すでに2月28日から待合スペースとして利用可能となっており、電車やバスの利用者の待合スペースとしてだけでなく、地域住民や観光客にも気軽に利用できる施設として展開。

MMvision はスマートバス停のノウハウを活用し、デジタル時刻表の表示、ニュースや広告との一体運用、遠隔配信の機能を有するクラウドサービスです。

西鉄久留米駅に新設のフードコートにて西鉄電車・バス情報のデジタル配信開始

今回はフードコート内の柱に埋め込まれる形で3台の大型サイネージを設置。電車の時刻表(上下線)表示、またバスのりば1~8の時刻表や接近情報の表示に加え、イベント情報や隣接する商業施設の店舗情報などが MMvision から配信されます。

利用者は待合スペースに居ながら、電車案内・バスの位置情報や遅れなどを見ることができます。これにより、電車とバスの両方の情報が1カ所で確認でき、駅での待ち時間を有効に活用できることが期待されます。

株式会社YE DIGITAL

この情報は3月21日(木)時点での内容です。また、記事の内容は予告なく変更される場合があります。

1253
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top