福岡のニュース

惜しまれながら引退した2000形のカラーリングを再現!筑鉄3000形車両を「黄電(きなでん)」塗装し復刻運行へ

惜しまれながら引退した2000形のカラーリングを再現!筑鉄3000形車両を「黄電(きなでん)」塗装し復刻運行へ

筑豊電気鉄道(本社:福岡県中間市)は22日、昨年11月をもって引退した2000形「黄電(きなでん)」カラーの復刻車両を、2024年1月26日(金)より運行開始すると発表しました。

2000形車両、通称「黄電」は、福岡市内・北九州市内で西鉄路面電車として活躍していた車両を改造し、筑豊電気鉄道にて1977年7月より運行を開始しました。

45年の長きにわたって、地域の人たちや鉄道ファンに愛され続けてきた黄電は、老朽化に伴いその役目を終え、現在は特定非営利活動法人汽車倶楽部にて1編成が静態保存されています。

今回「黄電」塗装を施す車両は、筑豊電気鉄道初のオリジナル車両3000形1編成(2両)です。2000形車両引退時に、ファンより「黄電カラーがなくなるのは寂しい」といった多数の声が寄せられていたことから、今回3000形に「黄電」復刻カラーを施すことが決定。

「黄電」カラーの復刻を記念し、昨年11月の引退イベントで使用したパネルをモチーフとしたアクリルキーホルダーを、同日より黒崎定期券うりばおよび楠橋電車営業所にて1個 税込500円で販売。販売数量は200個。

惜しまれながら引退した2000形のカラーリングを再現!筑鉄3000形車両を「黄電(きなでん)」塗装し復刻運行へ

また、西鉄旅行による復刻車両を用いた企画や、引退した2000形に会いに行く「運転体験&撮影会&汽車倶楽部へ2000形に会いに行こう」の開催を2024年3月ごろに予定しているとのことです。

詳細は決定次第、西鉄旅行および筑豊電気鉄道ホームページなどにて公開されます。

筑豊電気鉄道ホームページ

この情報は2023年12月22日(金)時点での内容です。また、記事の内容は予告なく変更される場合があります。

677
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top