福岡のニュース

福岡空港 国際線北側コンコース延伸エリア、12月1日から全面供用開始へ

国際線北側コンコース延伸エリア、12月1日から全面供用開始

福岡空港では、去る10月から一部先行して供用が開始されていた福岡空港国際線ターミナルビルの北側コンコース延伸エリアについて、2023年12月1日(金)より全面供用を開始すると発表しました。

搭乗スポットについて

国際線北側コンコース延伸エリア、12月1日から全面供用開始

これまで国際線北側の10スポット(駐機場)を利用する場合は、バス移動にて航空機まで移動し、タラップを利用して搭乗/降機していましたが、今回のコンコース延伸により、このうち6スポットに旅客搭乗橋(パッセンジャーボーティングブリッジ:PBB)を新設、国際線地区にある16スポットのうち12スポットで、天候に左右されず搭乗待合室から機内へスムーズに移動できるようになります。※降機時も同様です。

搭乗待合室エリアについて

国際線北側コンコース延伸エリア、12月1日から全面供用開始

3階の搭乗待合室エリアは、搭乗直前まで日本らしさを感じてくつろいでもらえるよう、日本家屋の縁側をイメージした木調の天井となるほか、四季をイメージした植栽のある坪庭エリアが設けられます。

さらに、坪庭エリアには福岡県産ヒノキを用いたテーブル、博多織をあしらったイス、大川組子の行燈を設えたロビーチェアなど伝統工芸品を取り入れて、福岡らしさも演出します。

商業施設について

同エリアには、旅を快適にするトラベルグッズも取り扱うドラッグストア ウェルシア運営の「KOKUMIN」、九州の新鮮な食材を使った料理・つまみと厳選した地酒や焼酎を、滑走路を眺めながら楽しめるダイニングバー「KRAZY MEAT by ODA CHIKUSAN」が、同日オープンします。

また、2024年2月には、高品質なオーガニック抹茶を楽しめるカフェ「THE MATCHA TOKYO」が九州初出店予定です。

福岡空港 公式サイト

この情報は2023年11月25日(土)時点での内容です。また、記事の内容は予告なく変更される場合があります。

2848
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top