福岡のニュース

太宰府の街並みに溶け込む、レトロモダンと日本建築を融合させた「上島珈琲店」が誕生

太宰府の街並みに溶け込む、レトロモダンと日本建築を融合させた「上島珈琲店」が誕生

UCCグループで外食事業を担当するユーシーシーフードサービスシステムズ(本社:兵庫県神戸市)は24日、主力業態「上島珈琲店」の国内148店舗目を、2023年10月26日(木)に、太宰府天満宮の近くにオープンすると発表しました。

上島珈琲店は2003年6月、東京・神田神保町に1号店をオープンして以来、UCCグループが創業から90年の長きにわたり培ってきたコーヒーへのこだわりと技術のもと、おいしいコーヒーと心地よい空間を提供してきました。

今回オープンする「上島珈琲店 太宰府天満宮店」は、多くの参拝者が通る参道近くの落ち着きのあるエリアに位置し、太宰府の街並みに溶け込む2階建ての新店舗です。

店内は、日本の建築モジュールである「尺」で造られた建造物に、上島珈琲店の考えるモジュールとの黄金比率を出して創造した空間が特徴です。

太宰府の街並みに溶け込む、レトロモダンと日本建築を融合させた「上島珈琲店」が誕生

福岡の杉の木が使われた建物の表情を最大限に活用することで、店内を木材のやさしさと「和」を感じるデザインに仕上げられています。

また、上島珈琲店のアイデンティティでもある家具には、太宰府天満宮のシンボルである「梅の花」を連想するような材質や形状を用い、店内でゆったりと過ごせるよう、利用シーンにあわせて配置されています。

ドリンクメニューは、上島珈琲店のこだわりであるネルドリップで抽出したブレンドコーヒーをはじめ、上島珈琲店独自のダブルネルドリップコーヒーを使用した「ミルク珈琲」、季節限定のドリンク、カフェインレスのミルク珈琲やオレンジジュースなど世代を問わず楽しめるメニューを用意。

また、やわらかなロースカツとシャキシャキのキャベツを合わせ、粒マスタードで全体の味を引き締めたボリューム感のある「上島珈琲店のカツサンド」や、サクッと香ばしく焼き上げたイギリスパンに、トマト、オニオン、ピーマン、ベーコン、2種類のチーズをトッピングして焼いた、ジューシーな「ピザトースト」など、こだわりをたっぷり詰めこんだフードメニューも展開されます。

店舗の場所は、太宰府市宰府2丁目7番10号(地図はこちら)です。

▼営業時間
9:00~17:00
▼店舗面積
52.77坪
1階/23.38坪
2階/24.38坪
全67席
全席禁煙

メニュー例

▼コーヒー
ネルドリップブレンドコーヒー
ホット
R 610円 L 690円
ミルク珈琲(無糖)
ホット
R 650円 L 770円
ミルク珈琲(黒糖)
ホット
R 680円 L 800円
▼フード
上島珈琲店のカツサンド
単品 810円
ピザトースト
単品 700円

表示価格(税込)は、イートイン・テイクアウト共通です。

上島珈琲店 公式サイト

この情報は2023年10月24日(火)時点のものです。

2981
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top