福岡のニュース

1980年代のアーケードゲーム「パックマン」をディテールまで再現した「大人レゴ」発売へ

1980年代のアーケードゲーム「パックマン」をディテールまで再現した「大人レゴ」発売へ

レゴジャパンは22日、「パックマン」の誕生43周年を記念して、最も有名で懐かしいアーケードゲームの一つである大人向けレゴ®セット「レゴ®アイコン ゲームセンターマシン パックマン」を、2023年6月1日(木)より販売開始すると発表しました。

九州エリアは、レゴ®ストア ららぽーと福岡店、レゴ®ストア 鳥栖店の2店舗が取り扱うほか、レゴ®の公式ネットストアからも購入可能です。

1980年5月22日にバンダイナムコエンターテインメント(旧ナムコ)より発売された「パックマン」のビデオゲームは、カルチャーアイコンとなりました。ゲーム、テレビ番組、音楽などを通じて世界中のポップカルチャーの一部となり、40年の時を経て、レゴグループはバンダイナムコとのコラボレーションにより、80年代の名作をブロックの形で復活させました。

これにより、「パックマン」の有名な黄色は、実はレゴグループのシグネチャーカラーにインスパイアされたものというユニークな事実が判明しました。

同セットは、アーケードゲーム版の「パックマン」で、4方向レバーやコイン投入口に加え、キャラクターが追いかけっこをする迷路ではパックマンの伝説的なゴーストに噛みつく技まで再現。

1980年代のアーケードゲーム「パックマン」をディテールまで再現した「大人レゴ」発売へ

1980年代のアーケードゲーム「パックマン」をディテールまで再現した「大人レゴ」発売へ

加えて、大きくカラフルなブロックで組み立てた「パックマン」「ブリンキー」「クライド」は回転させることができ、ゲーム機の上にセットしたり、単体で飾ったりできます。組み立て完了後には、コイン投入口を光らせたり、女性のミニフィギュアがアーケードゲーム機でパックマンをプレイしている様子を表現したブロックをゲーム機の内側に隠したりと遊び心が散りばめられています。

1980年代のアーケードゲーム「パックマン」をディテールまで再現した「大人レゴ」発売へ

1980年代のアーケードゲーム「パックマン」をディテールまで再現した「大人レゴ」発売へ

1980年代のアーケードゲーム「パックマン」をディテールまで再現した「大人レゴ」発売へ

ピース数は2,650個、完成時のサイズは(約)高さ32cm 幅25cm 奥行17cm です。

希望小売価格35,480円(税込)

レゴ®公式ネットストア

この記事の内容は、2023年5月22日(月)時点での情報です。

1415
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top