福岡のニュース

マクドナルド、原材料価格の高騰等の長期化を受け、単品価格を中心に一部メニューを値上げ

マクドナルド、原材料価格の高騰等の長期化を受け、単品価格を中心に一部メニューを値上げ

日本マクドナルドは12日、原材料価格の高騰や人件費、賃料、物流費、エネルギーコストなどの上昇、および為替変動による影響が長期化していることを受け、2024年1月24日(水)より単品を中心とした一部メニュー(全体の約1/3の品目)の税込店頭価格を10~30円値上げすると発表しました。

なお、おトクに楽しめる「バリューセット®(一部除く)」「ハッピーセット」「ひるまック」などのセットメニュー、および「ポテナゲ大・特大」の店頭価格の変更はなく、単品についても「ハンバーガー」「チーズバーガー」「マックフライポテト®」などの価格は据え置くとしています。

価格例

マクドナルド、原材料価格の高騰等の長期化を受け、単品価格を中心に一部メニューを値上げ

上記は一例です。各メニューやセットの新価格については、1月24日(水)以降に、店頭やマクドナルド公式サイト、マクドナルド公式アプリ等にて確認をお願いします。

また、約240店舗(空港・駅・遊園地・サービスエリア・都心部の一部店舗)では、店頭価格や改定幅が異なります

マクドナルド ブランドサイト

この情報は2024年1月12日(金)時点での内容です。また、記事の内容は予告なく変更される場合があります。

1403
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top