福岡のニュース

木工のまち福岡大川で「匠による大川組子体験と文化財の中で食の魅力を体感するツアー」開催

木工のまち福岡大川で「匠による大川組子体験と文化財の中で食の魅力を体感するツアー」開催

つぎと九州(所在地:福岡市)では、2024年1月13日(土)・14日(日)の2日間、福岡県大川市にて、「匠による大川組子体験と文化財の中で食の魅力を体感するツアー」を実施すると発表しました。

同ツアーは、有明海・筑後川に恩恵を受けて発展した大川の木工と食文化をガイド付で体感できるツアーです。

筑後川昇開橋や小保・榎津の町並みをガイドと巡り、大川の歴史や文化を学べるだけでなく、同ツアーのために商品開発を行った組子ランプシェードの制作を、JR九州「ななつ星 in 九州」でも組子を手掛けた組子職人の指導のもと体験できます。

夕食は国指定重要文化財「旧吉原家住宅」の蔵にて、1月13日のツアーでは、明治9年創業の大川の料亭「三川屋」による組子御膳の夕食を、1月14日のツアーでは、東京・麻布十番「エルブランシュ」オーナーシェフ 小川智寛氏によるペアリングディナーの夕食を楽しむことができます。

▼参加費
1月13日(土)
一人
税込47,000円
1月14日(日)
一人
税込55,000円
▼参加費に含まれる内容
集合場所~現地~宿泊施設までの送迎
組子ランプシェード制作体験
観光ガイド代
▼夕食
夕食の内容で金額が異なります
▼定員
1月13日(土)
最大20名
1月14日(日)
最大10名

ツアーの見どころ

木工のまち福岡大川で「匠による大川組子体験と文化財の中で食の魅力を体感するツアー」開催

大川組子のランプシェード制作
同ツアーのために特別に制作した組子ランプシェードの、中心部分の組子を制作する体験を実施。制作したランプシェードは、専用の桐箱に入れて持ち帰ることができます。

木工のまち福岡大川で「匠による大川組子体験と文化財の中で食の魅力を体感するツアー」開催

小保・榎津のまちなみガイドツアー
中世・室町起源のまちなみが残る、小保・榎津のまちなみをガイドと共に巡ります。港町としての歴史を持ち、船大工から始まった大川木工発祥のまちならではの素晴らしい木造建築や寺社の彫刻、300年続く酢蔵の見学など、注目ポイントの多いエリアを散策。

木工のまち福岡大川で「匠による大川組子体験と文化財の中で食の魅力を体感するツアー」開催

大川・環有明海の恵みを味わう夕食
同ツアーのために特別に設営しライトアップされた蔵の中で楽しめます。大川でとれる天然ウナギや有明海の魚、大川の農産物など、地域の食を満喫できる内容です。

その他、同ツアーに関する詳細、申込み方法などについては、以下のサイトから確認できます。

木工のまち大川で、本ツアー限定・匠による大川組子体験と文化財の中で食の魅力を体感するツアー

この情報は2023年12月3日(日)時点での内容です。また、記事の内容は予告なく変更される場合があります。

1709
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top