福岡のニュース

JR西日本 ドクターイエロー×「博多カステラ」コラボ商品登場

JR西日本 ドクターイエロー×「博多カステラ」コラボ商品登場

JR西日本と福岡県春日市は、2023年5月に包括連携協定を締結し、JR西日本最大の新幹線車両基地、博多総合車両所(春日市、那珂川市)を活かした魅力的で持続可能なまちづくりに取り組んでいます。

今回、包括連携協定の一つである「地域産業等の振興」の取り組みとして、春日市に本店を置き、伝統の味を守りながら常に新しいことに挑戦している和菓子製造小売業の富貴とともに、春日市民が誇れる福岡を代表する新しいお土産、を目指した商品を開発。

富貴の人気商品である「博多カステラ」をベースに、ミルクと発酵バターが香る、より優しい味わいに仕上げ、見ると幸せになれると言われるドクターイエローのパッケージで包んだ一品です。

JR西日本 ドクターイエロー×「博多カステラ」コラボ商品登場

2023年10月15日(日)以降、富貴店舗(本店、南ヶ丘店、高宮店、薬院店)の店頭に並ぶほか、10月16日(月)以降は、おみやげ本舗博多(博多駅新幹線改札外)、おみやげ街道博多(博多駅新幹線改札内)にも登場します。

▼商品名
博多カステラ みるく&発酵バター
▼販売価格
箱売り
6個入り 1,300円(税込)
ばら売り
1個 200円(税込)

株式会社富貴

昭和42年の創業以来、美味しい和菓子を提供することだけを追求し、素材の一つ一つや季節感、食感、彩りなどにこだわった商品を作っています。

代表菓子は、カステラを現代風にアレンジしまるい形に焼き上げた「博多カステラ」、他の和菓子屋では作れないという幻のあんこを包んだ「お茶々万十」など。

福岡県春日市

春日市は、福岡市の南側に隣接し、福岡市中心部まで10km圏内という地理的好条件に恵まれた、福岡県内で一番面積の小さな市です。

福岡都市圏の住宅地として発展し、昭和40年頃から人口が急増しました。令和2年国勢調査によると、人口総計は111,023人で、福岡県市町村で6番目に多く、また人口密度は7,846人/k㎡で、九州・沖縄地区で一番高い市町村です。

▶ 西日本旅客鉄道株式会社

この情報は2023年10月6日(金)時点のものです。

2640
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top