福岡のニュース

福岡市西区から糸島市まで続く海岸「二見ヶ浦」沿いの道路で電柱を取り除く工事が完了!

※画像はイメージです

福岡市から糸島市まで続く海岸沿いの道路で電柱を取り除く工事が完了し4月20日に、記念の式典が開かれました。福岡市は景観をいかして観光客などの誘致につなげたいとしています。

福岡市西区から糸島市まで続く海岸「二見ヶ浦」沿いの県道では福岡市が西区の60メートルの区間で電柱17本を取り除いたうえで電線を地中に埋める工事を3年前から進めてきました。

20日は工事の完了を祝う式典が開かれ、高島市長が「地域のみなさんにこの景観を最大限にいかしてもらい海の魅力を多くの人に知ってもらうことが大切だ」とあいさつし、テープカットが行われました。

今回工事が行われた地域では過疎化が進んでいて、市は、美しい景観を生かして観光客や休暇を楽しみながら仕事をするワーケーションで訪れる人などを呼び込みたいとしています。

地元の自治協議会の高橋吉文会長は「まずはここに訪れる交流人口を増やして自然環境の良さを知ってもらい『ここに住んでみたい』と思う人が増えてくることを期待したい」と話していました。

▶ NHKNEWSWEB

この情報は2023年4月21日(金)時点の内容です。最新の情報は公式サイトなどにて確認をお願いします。

2500
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top