福岡のニュース

福岡市地下鉄 – クレジットカードやデビットカード等のタッチ決済による乗車サービスを本格的に開始

福岡市地下鉄 - クレジットカードやデビットカード等のタッチ決済による乗車サービスを本格的に開始

三井住友カード、日本信号、QUADRAC、ジェーシービーの4社では、福岡市地下鉄にて、三井住友カードが提供する公共交通機関向けソリューション「stera transit」を活用した、タッチ決済対応のカード(クレジット、デビット、プリペイド)や、カードが設定されたスマートフォン等による乗車の実証実験を行ってきましたが、2024年3月29日(金)より、本格的にサービスを開始したと発表しました。

また、4月1日(月)より、障がい者割引・小児料金への対応、2024年夏頃より”1か月最大料金サービス”を開始することもあわせて発表。

障がい者割引・小児料金対応

乗車前に改札口で駅係員に申し出ることで、駅係員が料金変更の対応を実施。障がい者割引・小児料金での乗車を可能とします。※乗車の都度、申し出が必要となります。

障がい者の方は窓口にて「身体障害者手帳」「療育手帳」または「精神障害者保健福祉手帳」等の提示が必要です。

障がい者割引・小児料金が適用された同一のカード番号、かつ、同一の媒体では料金の合計額が1日最大料金320円までとなります。

同じカード番号でも、クレジットカードでのタッチ決済額と、スマートフォンでのタッチ決済額は、媒体が異なるため合算して計算されません。

対象路線
福岡市地下鉄 全線

対象者
国際ブランドのタッチ決済対応カード(クレジット、デビット、プリペイド)やカードを設定したスマートフォン等を所持している方。

決済対象ブランド
Visa、JCB、American Express、Diners Club、Discover、銀聯 ※Mastercard®については順次追加予定

福岡市地下鉄 - クレジットカードやデビットカード等のタッチ決済による乗車サービスを本格的に開始

今後の取り組み

2024年夏頃より、1か月の利用額が12,570円を超える場合、12,570円を超えた利用額を割引する”1か月最大料金サービス”の開始が予定されています。

タッチ決済により地下鉄に乗車する場合には、1か月に12,570円を超えた金額が請求されることはありません。また、従前より実施中の1日の利用額が640円を超える場合、640円を超えたご利用額を割引し、請求額を640円とする”1日最大料金サービス”も引き続き対応が予定されています。

タッチ決済乗降履歴確認方法

QUADRACのQ-moveサイトにアクセスし、マイページの会員登録手続きが完了すると確認可能です。

福岡市地下鉄 - クレジットカードやデビットカード等のタッチ決済による乗車サービスを本格的に開始

福岡市地下鉄ホームページ

この情報は3月29日(金)時点での内容です。また、記事の内容は予告なく変更される場合があります。

1607
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top