福岡のニュース

ホテルJALシティ福岡 天神、九州産和牛の「ビーフコンソメラーメン」を6月1日より提供開始

ホテルJALシティ福岡 天神、九州産和牛の「ビーフコンソメラーメン」を6月1日より提供開始

ホテルJALシティ福岡 天神は31日、同ホテル内のレストラン Cafe Contrail(カフェ コントレイル)にて、2023年6月1日(木)から11月30日(木)までの期間、九州産の和牛と野菜を使用した「ビーフコンソメラーメン」を販売開始すると発表しました。

日本有数のラーメン激戦区として知られる福岡では、2023年にラーメン新時代に突入したと言われています。

福岡でラーメンといえば、濃厚な豚骨スープが特徴の博多ラーメンが定番として人気を集めてきましたが、近年では醤油・塩・魚介など様々なジャンルが登場し、非豚骨のラーメン店がブームとなりつつあります。

そのようなトレンドを背景に、同ホテルにおいてもホテルらしさを打ち出した新たなラーメン「ビーフコンソメラーメン」の提供を開始することが決定。

ホテルJALシティ福岡 天神、九州産和牛の「ビーフコンソメラーメン」を6月1日より提供開始

ベースとなるコンソメスープに九州で古くから親しまれてきた「あご出汁」と、地元・大名地区で安政2年(1855年)より醤油づくりを行う「ジョーキュウ醤油」のあまくち醤油を隠し味に加え、洋風な味わいと香りが楽しめる一品に仕上げられています。

また、ラーメンのトッピングには、低温調理でじっくり火をいれ、柔らかくジューシーに仕上げた九州産の和牛バラ肉と糸島産の野菜を中心とした九州の季節野菜を上品に盛り付け。

ホテルJALシティ福岡 天神、九州産和牛の「ビーフコンソメラーメン」を6月1日より提供開始

ホテルJALシティ福岡 天神で料理長を務める渕上嗣也氏によれば「福岡を代表する食のイメージである豚骨ラーメンではなく、あえてコンソメスープをラーメンに使用することにより、ホテルらしい一品が完成しました。九州産の牛肉と野菜を使用することで、福岡そして九州の美味しい食材を味わっていただきたい」とラーメンに込めた想いを語っています。

提供時間は17:00~21:30(L.O.21:00)で、料金は2,500円(税込・サービス料込)です。

なお、同ホテルでは、今回登場した「ビーフコンソメラーメン」付き宿泊プランも販売するとのことです。

ホテルJALシティ福岡 天神

この記事の内容は、2023年5月31日(水)時点のものです。

1488
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top