福岡のニュース

三井不動産と福岡地所 福岡市所在「マリノアシティ福岡」共同での建替え計画検討に着手

三井不動産と福岡地所 福岡市所在「マリノアシティ福岡」共同での建替え計画検討に着手

三井不動産、および福岡地所の2社は16日、福岡市西区の商業施設「マリノアシティ福岡」について、共同で建替え計画の検討に着手したと発表しました。

福岡地所は、九州初の本格的アウトレットモールとして2000年10月の開業以来、多くの人たちに親しまれた「マリノアシティ福岡」を、2024年8月18日(日)をもって現施設を一時閉館し、三井不動産と共同で建替え計画の検討に着手。

同計画では、「マリノアシティ福岡」や「キャナルシティ博多」など、福岡地所の培ってきた商業施設開発・運営の経験に加え、日本全国およびアジア各地で「三井ショッピングパーク ららぽーと」や「三井アウトレットパーク」といった商業施設を展開する三井不動産のノウハウを最大限発揮することで、今後の消費者ニーズや社会トレンドの変化を的確に捉えた、新たな時代に相応しい商業施設の検討を進めいくとのことです。

新施設の詳細については、今後、決定次第改めて発表されます。

三井不動産と福岡地所 福岡市所在「マリノアシティ福岡」共同での建替え計画検討に着手

三井不動産株式会社
福岡地所株式会社

この情報は5月16日(木)時点での内容です。また、記事の内容は予告なく変更される場合があります。

2760
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top