福岡のニュース

西日本初!短足ネコ専門「猫カフェ」大名にオープン!

2019年4月11日(木)西日本初の短足ネコ専門『猫カフェ』「朱猫カフェ(シュネコカフェ)」(福岡市中央区大名2-9-13-3F)がオープンします。 マンチカンやミヌエットなど、 短足ネコの中でも希少性の高い猫が集まっています。

特徴① 短足ネコ専門「猫カフェ」!
近年の猫ブームの火付け役ともなった、マンチカンは猫のダックスフントといわれることもある、足の短い猫種です。

ファッションショーでモデルが歩くように、短い足をクロスさせながら歩く姿はとても愛くるしく、通称「ニャンスタグラム」と言われる猫のインスタグラム人気アカウントでも数多く登場してます。

性格は陽気で人懐こく、人気猫ではありますが、高額でなかなかお目にかかる機会が少ない猫種でもあります。当カフェでは随時20匹以上のマンチカンの在籍を予定しており、全国の猫カフェにおいても日本一の在籍数を誇ることになります。

特徴②大川家具(猫家具)とのコラボ!
福岡県が誇る家具の町「大川市」その新たなフラッグシップとなっている「猫家具」とコラボ致します。

店内には、かわいい「猫家具」や大川の職人が制作したかわいい 「シンボルツリー」があり、インスタ映え間違いなし!!

特徴③ 猫の保護活動サポート
日本では、1年で約6.7万頭の猫がさつ処分されています。その原因として、飼い主に捨てられたり、災害時に取り残されたりということが挙げられ、地域によっては、猫が過剰繁殖するといった問題もあります。

当カフェでは、この問題に少しでも手を差し伸べていきたいという思いから、猫の保護と里親探し活動、猫の過剰繁殖防止活動を支援する団体への寄付活動を行っていきます。1匹でも多くの命が救われ、終生しあわせに暮らせる環境作りが出来るよう精一杯サポートしていきます

特徴④ 動物専門再生医療クリニック準備室
当カフェの母体企業は、人への最先端再生医療治療を行っており、さらに西日本最大級の培養施設を保有しております。そして新たに、年内には動物専門の再生医療病院の開院を目指して準備しております。

この治療方法は、本来の人の再生医療と同等の品質管理基準に基づき培養された細胞を用いる画期的な治療法を動物に施して参ります。一次診療の動物病院との連携を通して、安心・安全な先端医療を動物と飼い主様にご提供致します。

まずは当カフェ内に開院にあたるための準備室を設け、お客様のニーズ等直接お声をお聞き、開院に向けた広報活動を行って参ります。

▶ シュネコカフェ:Instagram

13850
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top