福岡のニュース

今秋公開される映画「いのちスケッチ」の舞台、大牟田市動物園へのアクセスが便利に

今秋公開される映画「いのちスケッチ」の舞台、大牟田市動物園へのアクセスが便利に

西鉄バス大牟田では、2019年3月23日(土)より、大牟田駅前と大牟田市動物園周辺とを結ぶ一般路線バスの運行ルートを変更し、動物園のある延命公園への乗り入れを開始しました。

同日より地域を味わう旅列車「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO」の運行が開始されることと合わせて、大牟田市に点在する観光スポットまでの移動手段が提供されることで、大牟田市を訪れる人々の回遊性向上が期待されます。

大牟田市動物園は、入園者数が2004年度にピーク時の約34%(13万人)になったものの、運営会社の変更や職員の創意工夫などにより、2017年度の入園者数は約24万人にまで回復。

また、今秋公開される映画「いのちスケッチ」の舞台となるなど、話題のスポットでもあります。

運行に際しては、動物園周辺の道路規制、バス乗降場所の確保といった課題を解決すべく、大牟田市や警察と約1年にわたる協議の結果、行政が道路規制の緩和やロータリーを整備するなどして実現したとのことです。

大牟田駅前から延命公園・動物園前までの所要時間は約5分、動物園まで従来より約5分短縮してのアクセスが可能となります。

料金は大人片道160円で、平日24便、土曜42便、日祝日40便運行されます。

大牟田市動物園 公式サイト
西鉄(にしてつ)くらしねっと

3735
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top