福岡のニュース

石村萬盛堂「博多土居通り店」が満を持して開店へ

大正時代の挨拶チラシのパッケージ鶴乃子を復刻
大正時代の挨拶チラシのパッケージ鶴乃子を復刻

博多で創業し114年の石村萬盛堂では、2019年1月15日より、本店の老朽化による建て替えに伴い約2年間の”本店”休業に入りました。

それに伴い、休業期間中の仮本店として、土居通りに「石村萬盛堂 博多土居通り店」が、2月15日(金)に開店します。

今回、開店記念商品として、大正時代に使用された鶴乃子の挨拶チラシ(上図)をパッケージに使用した、復刻版「坊や鶴乃子」を博多土居通り店限定にて販売されます。

また、15日(金)と16日(土)の2日間限定で、店舗で蒸した「酒蒸しまんじゅう」が無料で振る舞います。

なお、博多土居通り店の入口は、以前の本店のドアをそのまま持ってきて使用しているとのことで、こちらも注目です。

営業時間は9時00分~19時00分。※行事などによって時間が異なる場合があります。

場所は福岡市博多区下川端町1-18(地図はこちら)で、市営地下鉄線 中洲川端駅から徒歩2分の好立地です。

店舗は約20坪程の広さで、鶴乃子をはじめ、和菓子を中心にした季節のお菓子を販売。さらに、承り所を設け、慶弔菓子、茶席菓子、法人様のご贈答からお供え菓子にも対応するとのことです。

店舗が入るビルの建築デザインは福岡出身の建築家であるrhythmdesign(リズムデザイン)の井手健一郎氏が担当。井手氏は2016年福岡市の水城公園「SHIP`S GARDEN」などのデザインを手掛けた人物です。

石村萬盛堂 公式サイト

5220
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top