福岡のニュース

西日本新聞が『第2回「九州福岡おみやげグランプリ」』開催

西日本新聞が『第2回「九州福岡おみやげグランプリ」』開催へ

西日本新聞は、九州・福岡らしい観光土産、手土産を発掘し、新たなお土産として全国に発信していく第2回「九州福岡おみやげグランプリ」を開催します。

※西日本新聞社主催、ジェイアールサービスネット福岡、西日本旅客鉄道福岡支社、日本旅行協賛

同催しは、2019年1月21日(月)から2月20日(水)までの期間、みなさんがお薦めするお土産商品を募集するというもので、生ものを除く、食品や飲料、工芸品や雑貨など、お土産となるものであれば、商品のジャンルは問わずに募集されます。

昨年初めて開催された「九州福岡おみやげグランプリ」では、総数2,770の応募があり、7部門と特別賞8つの賞を含む、合計49商品が選ばれました。

2回目の開催となる今回の審査・選考では、ゲスト審査員の料理研究家・山際千津枝さん他が、厳正に審査。結果発表・授賞式は3月下旬が予定されています。

なお、応募者の方には抽選でペア旅行商品や商品券などが当たります。

西日本新聞が『第2回「九州福岡おみやげグランプリ」』開催へ

開催の経緯

山陽新幹線が新大阪駅から博多駅まで全線開業したのは昭和50年(1975年)3月10日。

当時は「ひかりは西へ」をキャッチフレーズに、東京、名古屋、京阪神等、全国から九州福岡へ訪れる人たちで賑わいました。それとは逆に、辛子明太子をはじめ、博多とんこつラーメン、老舗銘菓等の九州福岡のおみやげは「東へ、全国へ」拡大。

西日本新聞では、今回の第2回九州福岡おみやげグランプリを通して、九州・福岡のシンボルとなるお土産を発掘、または再発見し、さらに東へ、全国へと発信してゆくとしています。

同催しの詳細、応募方法などについては、下記の特設サイトをチェックしてみてください。

第2回「九州福岡おみやげグランプリ」|西日本新聞

7752
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top