福岡のニュース

大規模改修のヤフオクドームお披露目「2019シーズンスタートデー」開催へ

大規模改修のヤフオクドームお披露目「2019シーズンスタートデー」開催へ

福岡ソフトバンクホークスは18日、本拠地の九州・福岡移転30周年を迎える2019年シーズン幕開けとなる3月2日(土)と3日(日)の阪神戦に、その記念事業として、今シーズンより観客収容人数4万人超、ファンクラブ・タカポイント会員の専用ラウンジ、ショップなどの新設、世界最大の表示面積を誇るホークスビジョンや最先端スピーカーの導入、さらに入場ゲートやコンコースの全面刷新などの大規模改修で、新たに生まれ変わったヤフオクドームのお披露目「2019シーズンスタートデー」を実施すると発表しました。

同催しでは、ホークスナインが、今シーズン九州各地で実施するWE=KYUSHUデーを記念し、九州とホークスの絆を形にした「WE=KYUSHUユニフォーム」を3月2日(土)初戦のみ、一足早く着用して試合に臨みます。

これに伴い、計5,000名(各日先着2,500名)のお子さんを対象に、選手も着用するWE=KYUSHUユニフォームのレプリカをプレゼント。

さらに、ドーム内で発売される新メニューを含む100種類以上のフードメニューが定価の半額で楽しめるほか、人気の席種を入替制で体験できるチケットも発売されます。

このほか、新メンバーを加えたオフィシャルダンス&パフォーマンスチーム「ハニーズ」のシーズン初お披露目。さらに、今シーズンよりオープンする8ゲート前グッズショップ「HAWKS STORE」では、購入者に限定ノベルティをプレゼント。

チケットは、2019年1月27日(日)10時より一般発売開始となります。

平成最後の大規模改修を経て、新しく生まれ変わったヤフオクドームでの野球観戦をいち早く体感してみてはいかがでしょうか。

催しの詳細については、下記の公式サイトをチェックしてみてください。

シーズンスタートデー|福岡ソフトバンクホークス

関連記事:HKT48劇場や全長約100mの滑り台も!ヤフオクドーム敷地内に「エンターテイメントビル(仮称)」建設、順次開業へ

7795
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top