福岡のニュース

最新のインフルエンザ情報!感染拡大 福岡県は全国6位(警報レベル)

2019年第1週の定点当たり報告数は16.30(患者報告数78,116)となり、前週の定点当たり報告数11.17より増加した。

都道府県別では 岐阜県(49.12)、愛知県(46.42)、北海道(33.57)、高知県(30.10)、沖縄県(28.53)、福岡県(25.33)、滋賀県(23.67)、熊本県(21.96)、茨城県(20.65)、長崎県(19.40)、長野県(18.59)、鹿児島県(18.15)、秋田県(17.75)、静岡県(17.66)の順となっている。43道府県で前週の報告数より増加がみられたが、4都県では前週の報告数より減少がみられた。

全国で警報レベルを超えている保健所地域は84箇所(1道2府18県)、注意報レベルを超えている保健所地域は238箇所(全47都道府県)となった。

定点医療機関からの報告をもとに、定点以外を含む全国の医療機関をこの1週間に受診した患者数を推計すると約58.6万人(95%信頼区間52.2~65.0万人)となり、前週の推計値(約44.6万人)より増加した。年齢別では、0~4歳が約5.7万人、5~9歳が約5.0万人、10~14歳が約3.7万人、15~19歳が約3.5万人、20代が約9.6万人、30代が約8.0万人、40代が約8.3万人、50代が約6.3万人、60代が約4.1万人、70代以上が約4.4万人となっている。また、2018年第36週以降これまでの累積の推計受診者数は約165.0万人となった。

基幹定点からのインフルエンザ患者の入院報告数は1,207例であり、前週(549例)より増加した。47都道府県から報告があり、年齢別では0歳(70例)、1~9歳(239例)、10代(45例)、20代(15例)、30代(29例)、40代(39例)、50代(56例)、60代(97例)、70代(220例)、80歳以上(397例)であった。

国内のインフルエンザウイルスの検出状況をみると、直近の5週間(2018年第49週~2019年第1週)ではAH1pdm09、AH3亜型、B型の順であった。詳細は国立感染症研究所ホームページ(https://www.niid.go.jp/niid/ja/flu-map.html)を参照。

予防対策を徹底していただくとともに、手洗い、咳エチケット等による感染拡大の防止に努めましょう。

▶ 国立感染症研究所

6225
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top