福岡のニュース

ねこ占いコーナーやアート作品の販売など「ネコたちの雛祭り 嘉穂劇場」開催

2019年2月2日(土)~3月26日(火)、飯塚市の各地で「第19回いいづか雛のまつり」が開催されます。嘉穂劇場(飯塚市飯塚5-23)では、2月8日(金)~3月25日(土)「ネコたちの雛祭り 嘉穂劇場」が開催されます。

ねこ占いコーナーやアート作品の販売などが行われます。また劇場内の見学もできます。インスタ映えはお約束!カメラを持ってお出かけください。

明治時代に日本の近代化を支えた、福岡県の筑豊炭田。時代と共に炭鉱(ヤマ)は閉山し、その川筋に50あまりあった芝居小屋の中でただひとつ残ったのが、この嘉穂劇場です。

大正10年、今の劇場の前身となる「中座」として開場して以来、役者、歌手、噺家など、さまざまな演者たちがこの舞台でその芸を披露し、多くの人たちを楽しませてきました。火災、台風による倒壊、洪水による浸水…。そんな苦難・災難も乗り越え、今も生き続けています。

「ここに日本の舞台があった」と、役者を惹き付け続ける、歴史ある芝居小屋、嘉穂劇場。2006年には国の登録有形文化財に指定され、2007年には近代化産業遺産として経済産業省より認定を受けました。

現在、昔ながらの劇場の機構を多くの方に知っていただきたいと、劇場内の一般公開を行っています。九州観光の際には、ぜひお立ち寄りください。

時間は9時~17時。料金は13歳以上400円、3歳~12歳100円となっています。詳しくはホームページをご覧ください。

▶ 嘉穂劇場ホームページ

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top