福岡のニュース

天神の「イムズ」が2021年度内に営業を終了、再開発へ

天神の「イムズ」が営業終了、再開発へ

三菱地所は9日、1989年3月に誕生した天神の「イムズ」(ビル名称:天神 MM ビル/施設名称:INTER MEDIA STATION イムズ)について、その営業を2021年度内に終了し、再開発に着手することを決定したと発表しました。

現在天神地区では、福岡市による民間ビルの建て替え誘導施策「天神ビッグバン」が推進されており、規制緩和メニューを活用した開発計画が複数予定されています。

「イムズ」は、天神地区の賑わいの核である福岡市役所ふれあい広場に隣接し、主要な交通軸である渡辺通りにも面するほか、周辺街区では「天神ビッグバン」の先行プロジェクトが具体的に進行しています。

同社では、エリアの将来像が変化していくなか、新時代の天神に求められるニーズに応えるべく、これまで「イムズ」が担ってきた機能に加え、再開発により新たな価値を創造してゆくとしています。

計画内容、ならびに事業スケジュールの詳細は未定となっていますが、2022年度内の新築工事着手を目標としているそうです。

関連記事:西鉄が「福岡ビル及び天神コアビルの建替」計画について発表

三菱地所株式会社
イムズ|Inter Media Station IMS

15399
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top