福岡のニュース

路面電車204号が大牟田駅西口駅前広場に移設決定

路面電車204号が大牟田駅西口駅前広場に移設決定
同形の 203号が走る大牟田市内線(出典:山本魚睡コレクション)

西鉄と大牟田市は、大牟田市内線で活躍した路面電車 204号を改修し、2019年3月をめどに、大牟田駅 西口駅前広場に移設し、シンボルモニュメントとして活用すると発表しました。

路面電車204号が大牟田駅西口駅前広場に移設決定
配置イメージ図

路面電車 204号は、1943年に製造され、1952年まで大牟田市内線を運行していました。

その後、福島線、福岡市内線を経て、1975年に廃車となり、廃車後は山口県光市立図書館で保存されていました。

老朽化に伴い解体されそうだったこところを、2011年4月に、市民団体「204号の会」によって大牟田に引き取られ、同市内の大力茶屋 敷地内で保存・公開されていましたが、今回、「204号の会」から寄贈の申し出があったことから、今回の活用が決定。

204号は、マップや観光パンフレットを置くなど、観光案内機能として多くの人が利用できるよう活用されるほか、路面電車の移設を機に、駅前広場では、マルシェなども開催し、駅の賑わい創出に努めてゆくとのことです。

路面電車204号が大牟田駅西口駅前広場に移設決定
西口駅前広場

大牟田市においては、路面電車とあわせて、ベンチやトイレ、花壇等を改修し、大牟田駅西口の環境整備が行われることが決定しています。

路面電車204号が大牟田駅西口駅前広場に移設決定
完成イメージ図
路面電車204号が大牟田駅西口駅前広場に移設決定
完成イメージ図

大牟田駅の連絡橋の整備

大牟田駅連絡橋の安全で快適な通行を確保するため、連絡橋の屋根やタイル舗装の改修、塗装全面塗り替えなどの整備を行います。2019年1月に工事着工し、2020年3月に完成予定です。

大牟田市ホームページ
西日本鉄道株式会社

2421
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top