福岡のニュース

映画監督・豊田利晃の作品集発売に合わせ、福岡市中央区大名でエキシビションを開催!

2018年10月12日(金)~10月21日(日)の10日間、映画監督・豊田利晃の作品集「MOVIE STILLS FROM TOSHIAKI TOYODA FILMS 1998-2018」発売に合わせ、UNION SODA(福岡市中央区大名 1-1-3-201)にてエキシビションを開催。

映画監督・豊田利晃の監督生活20周年を記念し、デビュー作「ポルノスター」から「青い春」「空中庭園」「ナイン・ソウルズ」「モンスターズクラブ」「クローズ EXPLODE」を始め、最新作「泣き虫しょったんの奇跡」までの劇場公開全作品ほか、全監督作品のスチール写真を纏めた作品集「MOVIE STILLS FROM TOSHIAKI TOYODA FILMS 1998 – 2018」が発売。

その出版を記念し、福岡・天神「UNION SODA」にてエキシビションを開催。本書の販売はもちろん、新井浩文・瑛太・渋川清彦・松田龍平など、個性あふれる俳優陣の現場での表情や、各時代の新進気鋭の写真家が撮影現場の空気を切り取った貴重な写真作品を展示。

会期中、俳優・新井浩文、瑛太、渋川清彦を招いてトークイベント、また向井秀徳アコースティック&エレクトリック、ヤマジカズヒデのライブイベントも開催されます。

豊田利晃(とよだ としあき)

大阪府生まれ。阪本順治監督「王手」(1991) の脚本家として映画界に登場。その後、阪本順治監督「ビリケン」(1996) の脚本ほか、演劇舞台や劇画の原作などを手掛ける。1998年「ポルノスター」で監督デビュー。ドキュメンタリー映画「アンチェイン」(2001) を監督・撮影。以降、「青い春」(2002)、「ナイン・ソウルズ」(2003)、「空中庭園」(2005)、「蘇りの血」(2009)、「モンスターズクラブ」(2012)、「I’M FLASH!」(2012)、「クローズEXPLODE」(2014) を監督。2015、2016年には舞台「怪獣の教え」の監督・脚本・演出を務める。2018年「泣き虫しょったんの奇跡」公開。ドキュメンタリー映画「PLANETIST」が2019年に公開予定。

EXHIBITION / TOSHIAKI TOYODA
” MOVIE STILLS FROM TOSHIAKI TOYODA FILMS 1998 – 2018 ”
会期 : 10/12(金) ~ 10/21(日)
会場 : UNION SODA [ 福岡・天神 ]
住所 : 福岡市中央区大名 1-1-3-201
時間 : 12:00 – 19:00
*日程により変動の可能性あり [ 後日発表 ]

トークゲスト : 新井浩文 / 瑛太 / 渋川清彦
ライブゲスト : 向井秀徳アコースティック&エレクトリック / ヤマジカズヒデ
イベント詳細 : https://www.instagram.com/unionsoda/

1651
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top