福岡のニュース

(仮称)近鉄博多ビルの正式名称が決定

JR博多駅筑紫口前に建設中の「(仮称)近鉄博多ビル」の正式名称が決定

近鉄・都ホテルズ社は3日、現在、JR博多駅筑紫口前に建設中の「(仮称)近鉄博多ビル」において、2019年秋に開業予定のホテルの名称を「都ホテル 博多」に決定したと発表しました。

JR博多駅筑紫口前に建設中の「(仮称)近鉄博多ビル」の正式名称が決定

▶ 関連記事:博多都ホテル建替えへ「(仮称)近鉄博多ビル」計画概要

同社は、都ホテルズ&リゾーツチェーンとして、国内外に21施設を展開していますが、今回、都ホテルズ&リゾーツのブランド強化を目的に、2019年4月にブランドを再編することを決定。

都ホテルの伝統と品位を継承する都市型フルサービスホテルを「都ホテル」、宿泊を主体に機能的に提供される都市型カジュアルサービスホテルを「都シティ」、リゾート型フルサービスホテルを「都リゾート」とする3つのカテゴリーとなります。

「都ホテル 博多」は、福岡市の「ハイクオリティホテル建設促進制度」の第1号認定を受け、すべての客室面積を30平米超とし、洗い場付浴室を配置。

JR博多駅筑紫口前に建設中の「(仮称)近鉄博多ビル」の正式名称が決定

また、最上階には、レストランや日帰り入浴も可能な温泉を利用した屋上スパ・屋内浴場などが設けられ、上質でゆったりとくつろげる福岡のリーディングホテルとして展開されます。

株式会社近鉄・都ホテルズ

11990
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top