福岡のニュース

田川市の廃校利活用施設で『おっぱい展』開催へ

田川市の廃校利活用施設で『おっぱい展』開催へ

おっぱい展実行委員会は30日、「おっぱい」をテーマにした入場無料のアートフェスティバル、第二回『おっぱい展:Charity Art Exhibition Oppai、』を、2018年10月1日(月)から10月8日(月・祝)までの期間、田川市の廃校利活用施設 いいかねPalette(旧猪位金小学校/地図はこちら)にて開催すると発表しました。

後援は、田川市、田川市教育委員会、九州朝日放送、テレビ西日本、RKB 毎日放送、FBS 福岡放送、TVQ 九州放送。

同展では、”おっぱい”にまつわるエトセトラを、アートを通して世の中に伝えていきたいという思いから、同委員会の代表・クリハラさんの故郷である田川市でイベントが開催されます。

開催日はピンクリボンデーの10月1日からスタートし、「おっぱい」または「おっぱいを連想させるもの」をテーマに、女性の内面や エロス、ありのままの感情、生きることを表現した個性豊かな現代アートが展示されます。

田川市の廃校利活用施設で『おっぱい展』開催へ

また、現代アート展の他にも「おっぱい」にまつわるショップ・乳がん啓蒙活動・ライブ・ワークショップなどが展開され、世代を問わず、誰もがアートや乳がんを身近に感じ、自分の心や身体と向き合う機会が提供されます。

なお、同展で販売される公式グッズや飲食販売の収益金は、来年開催の『おっぱい展』にて、乳がんサバイバーの方(または関係者の方)の表現の場(作品展開催)や、”九州おっぱいサミット”開催資金として使用されるとのことです。

同展の詳細、ならびに最新の情報については、下記の公式サイトをチェックしてみてください。

Charity Art Exhibition Oppai、|おっぱい展

10301
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top