福岡のニュース

フィリップ・ドゥクフレ/DCA「新作短編集(2017)」北九州芸術劇場

フィリップ・ドゥクフレ/DCA「新作短編集(2017)」北九州芸術劇場

20187月7日(土)~7月8日(日)14:30開演、北九州芸術劇場 中劇場にて、フランスの奇才にして“イメージの魔術師”といわれる振付家・演出家、フィリップ・ドゥクフレの日本最新作「新作短編集(2017)―Nouvelles Pieces Courtes」を上演します。

ドゥクフレは弱冠31歳の若さでアルベールビル五輪の開閉会式演出を手がけ、一躍世界にその名を轟かせました。ダンスに映像、音楽、照明など様々な要素を有機的に融合させ、幻惑的ともいえるステージングで観客を魅了するドゥクフレの舞台。

自身のカンパニーDCAでの活動のほか、あのシルク・ドゥ・ソレイユのショー演出やディオール、エールフランスのCMなど舞台から映像まで多彩な活躍で注目を集めています!

今回の作品「新作短編集(2017)」はドゥクフレの才知が詰め込まれた、5つの小作品から成るオムニバス集です。サーカスのような空中浮遊、ライブ映像で投影されたクローンと人間が踊る現実と非現実が交錯するダンスなど子どものように自由な閃きで多彩なトリックを散りばめた世界が、次から次へと展開していきます。

また最終章は“日本の旅”をテーマに綴られ、坂東玉三郎の歌舞伎や葛飾北斎の浮世絵など彼が愛する日本からインスピレーションを受け生み出されたシーンも。世界中を虜にする、摩訶不思議なワンダーランドをお楽しみください!(対象年齢:4歳~)

料金:一般6,000円、24歳以下ユース3,000円、子ども1,500円(4歳~中学生)、親子セット券6,500円(一般+子ども、劇場前売限定数のみ)高校生〔的〕チケット1,500円(劇場窓口前売限定数のみ)※当日券あり。詳細は下記ホームページにて。※上演時間約95分。開場は開演の30分前 ※3歳以下入場不可

▼公演詳細
http://q-geki.jp/events/2018/dca2018/
▼スポット映像
https://youtu.be/rto5CiAH0f8

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top