福岡のニュース

太宰府駅が27年ぶりに大幅リニューアルへ

太宰府駅が27年ぶりに大幅リニューアルへ

西鉄では、約2億6千万円をかけ、2018年8月より、同年12月の竣工を目指し、太宰府駅を1991年以来27年ぶりに大幅にリニューアルすると発表しました。

太宰府エリアの玄関口である太宰府駅は、太宰府市の観光入込客数はインバウンドを中心に増加傾向にあり、2016年度には912万人に達しています。※福岡県観光入込客推計調査より出典

今回のリニューアルでは、『町との共栄駅』というコンセプトのもと、駅の内外装に太宰府の要素を散りばめることで、駅に着いた瞬間から太宰府を訪れた雰囲気を感じることができるようになるほか、併せて、利便性向上のため駅機能が整備されます。

太宰府駅が27年ぶりに大幅リニューアルへ

駅の内外装には、太宰府天満宮をイメージした朱色を用い、太宰府を訪れる期待感を醸成。また、太宰府市の花である「梅」をあしらった照明やベンチを設置し、内コンコースには太鼓橋をイメージした欄干を新設。

さらに、トイレや授乳室などの駅機能の集約、女性トイレへのパウダーコーナー新設のほか、案内サインにおけるピクトサインの活用、多言語表記を整備したデザインの統一、駅前広場のバス停に上屋の新設が行われ、利便性が向上します。

また、太宰府駅のリニューアルに加えて、太宰府線の西鉄二日市駅の一部および西鉄五条駅のホームの柱を朱色にするなどし、太宰府駅を含む太宰府線全体で、利用者の太宰府を訪れる期待感を更に盛り上げてゆくとのことです。

西日本鉄道株式会社

4864
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top