福岡のニュース

体験型イベント『NHK福岡 防災ステーション2018』開催へ

体験型イベント『NHK福岡 防災ステーション2018』開催へ

NHK福岡放送局は18日、熊本地震や九州北部豪雨など、九州地方で大規模災害が繰り返し発生していることを受けて、防災意識を高めるための体験型のイベント『NHK福岡 防災ステーション2018』を開催すると発表しました。

開催日時は、2018年5月26日(土)と27日(日)の2日間で、いずれも10時00分~17時00分まで。会場はNHK福岡放送局です。

会場では、バーチャルリアリティ(VR)で津波の恐怖を体験できる「バーチャル津波から逃げられるか!?」や、ヘッドマウントディスプレイと模擬運転台を使った「津波体験ドライビングシミュレーター」などが展開されるほか、被災した熊本城の内部を撮影した「熊本城VR」や、雷雨や河川の氾濫などを撮影した「九州北部豪雨VR」で災害の恐ろしさを疑似体験できます。

バーチャル災害避難訓練
バーチャル災害避難訓練
津波体験ドライビングシミュレーター
津波体験ドライビングシミュレーター

ほかにも、避難所生活で役立つ、日用品を活用した「防災ワークショップ」(要当日整理券)や、科学の力を使って身近にあるもので安全に火を使うことを学ぶ「科学で解決!空き缶ストーブで暖まろう」(要当日整理券)なども開催。

さらに、”もしも”に備える「非常食ワークショップ」(要当日整理券)では、電気・ガス・水道などのインフラが停止した状況で、家の中にはカセットコンロと米や乾物、缶詰だけ・・。そんな状況でも「こんな工夫で温かくておいしいご飯が作れる」をテーマに、アイデアレシピが紹介されます。

また、屋外では、地震や大雨などを疑似体験できる車両や災害現場で活躍する車が大集合します。

体験型イベント『NHK福岡 防災ステーション2018』開催へ

イベントの詳細、ならびに最新の情報については、下記の公式サイトをチェックしてみてください。

▶ NHK福岡 防災ステーション2018|NHKオンライン

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top