福岡のニュース

福岡市内に「IoT民泊アパート」4棟開発へ

福岡市内に「IoT民泊アパート」4棟開発へ

東京都に本社を置くTATERU社は16日、IoT民泊アパートの第6号・第7号・第8号・第9号を、福岡市内にて開発すると発表しました。

IoTとは
Internet of Things(モノのインターネット)の頭文字をとったもので、様々な「モノ(物)」がインターネットに接続され、情報交換することにより相互に制御する仕組みをいいます。

同社では、アプリでかんたんIoT民泊運用「TATERU bnb」の開発・運営をはじめとした「bnb kit(スマートロック・チェックインパッド・TRIP PHONE)」の開発・レンタルなど、IoTを活用した様々な民泊運用サービスの提供を行っており、今回、福岡市内にて「bnb kit」を導入したIoT民泊アパート第6号・第7号・第8号・第9号の開発を開始し、今年夏~秋頃にサービスを開始する(予定)としています。

福岡市内に「IoT民泊アパート」4棟開発へ

福岡市内に「IoT民泊アパート」4棟開発へ

福岡市内に「IoT民泊アパート」4棟開発へ

1室4名まで宿泊することができ、一人あたりの宿泊コストを抑えることが可能で、より自由度の高い旅行を計画することができます。

IoT民泊アパート第6号

物件名:TATERU bnb SUMIYOSHI Ⅰ
所在地:福岡市博多区住吉
開発物件:木造1棟(6部屋)
部屋面積:19.90㎡~
宿泊可能人数:1部屋4人
サービス開始:2018年夏頃(予定)
1部屋料金:平均13,000円(税抜)
※4名宿泊時3,250円~/名。時期によって金額は異なります。

IoT民泊アパート第7号概要

物件名:TATERU bnb SUMIYOSHI Ⅱ
所在地:福岡市博多区住吉
開発物件:木造1棟(6部屋)
部屋面積:19.90㎡~
宿泊可能人数:1部屋4人
サービス開始:2018年秋頃(予定)
1部屋料金:平均13,000円(税抜)
※4名宿泊時3,250円~/名。時期によって金額は異なります。

IoT民泊アパート第8号概要

物件名:TATERU bnb SUMIYOSHI Ⅲ
所在地:福岡市博多区住吉
開発物件:木造1棟(6部屋)
部屋面積:19.90㎡~
宿泊可能人数:1部屋4人
サービス開始:2018年夏頃(予定)
1部屋料金:平均13,000円(税抜)
※4名宿泊時3,250円~/名。時期によって金額は異なります。

IoT民泊アパート第9号概要

物件名:TATERU bnb TOJIN-MACHI
所在地:福岡市中央区唐人町
開発物件:木造1棟(4部屋)
部屋面積:19.14㎡~
宿泊可能人数:1部屋4人
サービス開始:2018年夏頃(予定)
1部屋料金:平均13,000円(税抜)
※4名宿泊時3,250円~/名。時期によって金額は異なります。

「TATERU bnb」の詳細については、以下の公式サイトをチェックしてみてください。

TATERU bnb 公式サイト

7698
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top