福岡のニュース

旧伊藤伝右衛門邸「端午の節句展」5月22日まで

旧伊藤伝右衛門邸「端午の節句展」5月22日まで

2018年4月26日(木)~5月22日(火)筑豊の炭鉱王の邸宅「旧伊藤伝右衛門邸」で「端午の節句展」が開催されます。

今年の端午の節句展では、伝右衛門が初孫のために贈った檜兜や、明治節に飾られた明治天皇の貴重な人形を特別展示します。

また、大広間には「座敷戦場絵巻」と題した人形の展示や各部屋に端午の節句にまつわる人形等を展示します。

旧伊藤伝右衛門邸は、筑豊の炭鉱王と呼ばれた伊藤伝右衛門と歌人柳原白蓮が過ごした邸宅です。

アールヌーヴォー調のマントルピース、イギリス製のひし形のステンドグラスのある応接間、一畳たたみを敷き詰めた長い廊下等様々な芸術的技法を取り入れ、伊藤伝右衛門が妻白蓮の為にと改築を続けた歴史的建造物です。

旧伊藤伝右衛門邸
入場料:高校生以上300円、小・中学生100円
期間:2018年4月26日(木)~5月22日(火)
時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)
住所:福岡県飯塚市幸袋300番地

▶ 旧伊藤伝右衛門邸

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top