福岡のニュース

北九州芸術劇場「零(ゼロ)のサムライ~松本零士物語」5月26日~27日

北九州芸術劇場「零(ゼロ)のサムライ~松本零士物語」5月26日~27日

北九州市制55周年記念 第56回北九州芸術祭参加、劇団青春座231回公演「零〈ゼロ〉のサムライ~松本零士物語」。松本零士先生の半生を松本作品のキャラクターとともに具現化。笑いあり涙ありの作品です!

2018年5月26日(土)13:30~、18:30~、5月27日(日)13:30~、北九州芸術劇場中劇場(小倉北区室町1丁目1-1-11 リバーウォーク北九州6F)で開催されます。

料金は、一般 3,000円(当日3,500円)、学生2,000円(当日 2,500円)※大学生以下、未就学児は親子室あり(無料 要予約 2組)。

時間は夢を裏切らない
オヤジはいつも言っていた。
「人は死ぬためではなく、生きるために生まれてくるのだ。」
日本漫画界を牽引する松本零士は、小倉から巣立って行った。

松本零士・本名晟(あきら)は1938年1月25日、久留米市生まれ。
小倉南高校時代の15才のとき「蜜蜂の冒険」で漫画少年第1回新人王に入選。
卒業後プロ漫画家を目指して上京。この時の下宿体験が「大四畳半シリーズ」「聖凡人伝」などの作品になった。

72年「男おいどん」で、講談社出版文化賞漫画部門賞を受賞。以後「宇宙戦艦ヤマト」「戦場漫画シリーズ」「銀河鉄道999」「宇宙海賊キャプテンハーロック」など、ヒロイズムと抒情性を兼ね備えた冒険SFの第一人者となった。現在北九州市漫画ミュージアム名誉館長。

▶ ぐるリッチ北九州
▶ 劇団青春座

1402
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top