福岡のニュース

世界初!ハウステンボスが「移動式球体型水上ホテル」始動へ

世界初!ハウステンボスが「移動式球体型水上ホテル」始動へ
2018年2月末に到着した水上ホテル

長崎県佐世保市のテーマパーク「ハウステンボス」は6日、変なホテルに次ぐ、世界初のホテル・第二弾として、『移動式球体型水上ホテル』の実証実験を行い、今夏の本格稼働を目指すと発表しました。

2016年12月に同プロジェクトが発表されてから、いよいよ海へのロマンと未知なる冒険への期待を乗せて、移動式水上ホテルが出航します。

実証実験は、2018年3月から開始され、① 停泊状態での宿泊、② ハウステンボス、無人島間の移動をしながらの宿泊などが行われ、続いて、ゴールデンウィークからモニター宿泊として始動。ジェラシックアイランドと馳せた無人島への移動宿泊が行われる予定となています。

なお、初期段階は2艇、中期では10~20艇での運営を目指しているとのことです。

世界初!ハウステンボスが「移動式球体型水上ホテル」始動へ

移動式球体型水上ホテルの直径は6.4m(地球の1/200万)、客室がメゾネットタイプ(1階は客室、2階はデッキ)で、定員は9名(宿泊は2~3名を想定)です。

ハウステンボスとハウステンボス外の無人島を繋ぐ、世界初の移動式水上ホテルとして展開され、大きな額縁のような窓から見える、移りゆく絵画のような美しい景色が特長です。

室内には、トイレ、ジェットバス、打たせ湯、天井シャワーが完備されます。

ハウステンボスリゾート

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top