福岡のニュース

博多に完全貸し切りの「レンタルシアタールーム」オープン

博多に完全貸し切りの「レンタルシアタールーム」オープンへ

オーディオ・ビジュアルプロショップとしてホームシアターと共に歩んできたアバック社(本社:横浜市)は、完全貸し切りの本格的レンタルシアタールーム『博多アバック座』を、2018年3月31日(土)にオープンします。

場所は、博多駅東1-14-25 新幹線ビル2号館1Fで、JR博多駅 筑紫口より徒歩5分の場所(地図はこちら)です。

「アバック座」とは、年間300件以上のホームシアター設計施工を誇る同社が手掛ける、本格的な映像観賞用のレンタルシアタールームです。

最新の3D対応4Kプロジェクター
最新の3D対応4Kプロジェクター

「映画館を貸し切る」をコンセプトに設計された室内には、80~130インチの大型スクリーンと、最新の3D対応4Kプロジェクターを配置。映画館を超える400,000:1の高コントラスト(デジタルシネマプロジェクターは2000:1~8000:1程度)を誇り、明るいシーンから漆黒のシーンまでを鮮明に描き分けます。

また、スクリーンの裏側に3本、壁面に2~4本、天井面に4本のスピーカー、更には2台の低音用サブウーファーが座席を取り囲むように設置されており、最新のサラウンドフォーマット「Dolby Atmos」「DTS:X」にも対応。

音声が前後、左右、上下に移動する、映画館さながらの立体的なデジタルサラウンドを楽しむことができます。

幅広の電動リクライニングシート
幅広の電動リクライニングシート

さらに、座席には幅広の電動リクライニングシートを採用。映画鑑賞における「座り疲れ」を気にすること無く、長時間でもゆったりとくつろぎながら作品を楽しむことができます。※「ルーム1」のみ1人掛けマッサージチェア。

料金は、画面サイズ80インチの定員1名「ルーム1」で平日2時間30分3,000円~、画面サイズ110インチの定員2名「ルーム2」で平日2時間30分4,000円~、となっています。

昔見た名作をもう一度大きなスクリーンで鑑賞したいという人や、大好きなアーティストのコンサート映像を会場さながらの臨場感で楽しみたいという人など、色々な楽しみ方がありそうです。

『博多アバック座』に関する詳細は、下記の公式サイトをチェックしてみてください。

本格的レンタルシアタールーム「アバック座」

10738
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top