福岡のニュース

オンデマンドシェアサイクルサービス『メルチャリ』第一弾の道入都市は「福岡市」

オンデマンドシェアサイクルサービス『メルチャリ』第一弾の道入都市は「福岡市」

メルカリ社は、同社のグループ会社であるソウゾウ社が、オンデマンドシェアサイクルサービス『メルチャリ』を、2018年2月27日(火)より、提供開始します。

なお、同サービスの第一弾の道入都市は「福岡市」となります。※対応アプリはiOS版のみ先行提供開始。Android版は2018年初夏の提供予定。

「メルチャリ」は個人(利用者)と地域が参加型で運営を行う、新しいスタイルのシェアサイクルサービスで、専用のスマートフォンアプリから、自転車のレンタルから返却までかんたんに行うとができます。

オンデマンドシェアサイクルサービス『メルチャリ』第一弾の道入都市は「福岡市」

オンデマンドシェアサイクルサービス『メルチャリ』第一弾の道入都市は「福岡市」

「メルチャリ」のポート(駐輪場)については、地域の民間企業に加えて、個人宅・店舗の軒先など、地域の人たちが所有するスペースを大小問わず提供してもらうことで、街により多くのポートを設置し、いつでもどこでも、乗りたいときにすぐ自転車を利用できる体験の提供を目指すとしています。

オンデマンドシェアサイクルサービス『メルチャリ』第一弾の道入都市は「福岡市」

安心・安全面においては、自転車に内蔵されたGPSで常時自転車の駐輪場所を把握することに加え、カスタマーサポートによる監視と対応を365日実施。突然の故障やトラブル時にも安心してサービスを利用できます。

また、地域の民間企業と連携し、サポートトラックが放置・違法駐輪の自転車や故障車を移動・回収することで、各ポートが常に最適な状態に保たれます。

さらに、利用者が運営に参加することで、放置・故障自転車の報告や移動などのアクションに応じて「メルチャリ」内で貯まるマイルや、メルカリポイントが付与される仕組みも導入されます。

利用者のアクション履歴や、マイルの累積状況は、アプリ上で随時確認することができるほか、日常的に利用者同士が「メルチャリ」の運営を助け合うような仕組みが提供されることにより、「メルチャリ」のサービスを、利用者とともに作りあげていくことを目指すとのことです。

なお、福岡市での展開について同社は、博多・天神・ウォーターフロントのエリアを中心に、サービス開始時点でのポート数は50、自転車は400台以上の設置を予定しており、夏頃までにエリアの拡大と2,000台程度の自転車の投入を予定。

『メルチャリ』についての詳細、ならびに最新の情報については、下記の公式サイトをチェックしてみてください。

メルチャリ 公式サイト

4754
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top