福岡のニュース

インフルエンザ感染、九州全域で流行中、福岡県は2位

インフルエンザ感染、九州全域で流行中、福岡県は2位

2018年第2週の定点当たり報告数は26.44(患者報告数130,682)となり、前週の定点当たり報告数16.31よりも増加しました。

都道府県別では、宮崎県(52.83)福岡県(41.58)大分県(41.21)鹿児島県(40.58)、沖縄県(40.23)、静岡県(39.76)、長崎県(37.97)佐賀県(34.97)熊本県(34.69)、鳥取県(33.28)、山梨県(32.56)、愛知県(32.41)、香川県(32.06)、高知県(31.73)、福井県(30.59)、茨城県(30.15)の順となっています。

全47都道府県で前週の報告数よりも増加がみられました。全国の保健所地域で警報レベルを超えている保健所地域は187箇所(1都1道2府34県)、注意報レベルを超えている保健所地域は308箇所(全47都道府県)となりました。

今後はさらにインフルエンザ流行が続くことが予想されます。予防対策を徹底していただくとともに、手洗い、咳エチケット等による感染拡大の防止に努めましょう。

▶ 国立感染症研究所

10361
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top