福岡のニュース

地方で暮らす魅力、北九州市と糸島市が1位に

地方で暮らす魅力、北九州市と糸島市が1位に

宝島社が発行する月刊誌『田舎暮らしの本』にて、2018年1月4日(木)発売の2月号で、「2018年版 住みたい田舎ベストランキング」が発表されました。

2013年にスタートした「住みたい田舎ベストランキング」は、移住支援策、自然の豊かさ、医療、子育て、災害リスク、移住者数などを含む、194項目のアンケートを実施し、田舎暮らしの魅力を数値化、ランキング形式で紹介しています。

国の「地方創生策」や、地方自治体の「移住促進策」の盛り上がりを受け、同ランキングへの関心も高まっており、アンケートには前回を170以上も上回る過去最高671の市町村が回答しています。

第6回目を迎える今年は、ランキング方法がリニューアルされ、「自然が豊かなところで田舎暮らしを楽しみたい人」と「都会の便利な暮らしも捨てがたい人」の双方のニーズに応えるべく、人口10万人未満の「小さなまちランキング」と、人口10万人以上の「大きなまちランキング」の2つのカテゴリーに分けてランキングが発表されました。

ランキングでは、【総合部門】【シニア世代部門】の「大きなまちランキング」で福岡県北九州市が第1位、そして【子育て世代部門】の第1位には福岡県糸島市が堂々のランクイン。

北九州市については、総合・若者・子育て・シニアと、それぞれの部門で上位に入り、【総合部門】【シニア世代部門】で”2冠達成”という、素晴らしい結果となりました。

同ランキングの詳細については、宝島社『田舎暮らしの本』2月号、「2018年版 住みたい田舎ベストランキング」をチェックしてみてください。

宝島社の公式サイト

12247
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top