福岡のニュース

糸島の「カキ小屋」順次オープンしています

糸島の「カキ小屋」10月15日より順次オープン

毎年、たさんの人で賑わう「カキ小屋」。2017年10月14日(土)より、糸島のカキ小屋が順次オープンしています!

10月14日(土)、船越漁港「マルハチ、正栄、ケンちゃんカキ、かキハウスもっくん、服部屋、千龍丸」オープン!岐志漁港「のぶりん、大黒丸」オープン。

10月21日(土)福吉漁港「ますだ」、加布里漁港「住吉丸、ひろちゃん」、船越漁港「みわちゃん、豊漁丸」、岐志漁港「恵比寿、富士丸、徳栄丸」がオープン。

その後、岐志漁港「中宮丸、弘進丸、大栄丸、高栄丸、日進丸」、福吉漁港「伸栄丸、飛龍丸、白山丸」、深江漁港「福丸」(販売のみ)岐志漁港「よしむら、旭星」、野北漁港「宝友丸、大洋丸(12/1予定)」が順次オープン。

店によっては、ホタテやイカ、サザエ、アワビ、活き車エビ、 カキ飯などのサイドメニューも充実。

糸島のカキ小屋は、新鮮・安全なことと、身が大きくリーズナブルなお値段が特徴。さらに、ご飯や飲み物などは持ち込み可能の店も多く、和気あいあいの雰囲気が自慢です。

海から上がったばかりのカキを、自分の手で焼いて食べる美味しさは格別です。11月末にかけて、数十軒のカキ小屋がオープンし、来店客を楽しませてくれます。

オープン日はそれぞれ異なりますので、ホームページなどでご確認ください。「糸島半島牡蠣小屋ガイド」に掲載されてます。

▶ 糸島半島牡蠣小屋ガイド
▶ 糸島観光協会

14270
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top